武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月29日 (金) | 編集 |
“TSUTAYAからのメッセージが全く印象に残らない”

…というくらい、この攻防に目が行ってしまう。

思わず先生を応援している私がいた…

※宣伝屋として何気にダメだし…ではないですよ

先生あともう少しだ、頑張れ!



私も「先生っ!」なんて彼女にたしなめられたい…





こんな私が営む会社です
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://officegun.co.jp/
ライフプラン・資産相談.com
 http://life-asset.com/

☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道雑記 
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/

2008年07月18日 (金) | 編集 |
広末涼子出演の「からだ巡り茶のCM」

ちょっと前に、「ブラジャーという表現が不快」との声に応じてCM内容が変更されたニュースを覚えている人も多いと思います。
記事参考:http://news.livedoor.com/article/detail/3465344/

そして、そのCMがコレ!



まぁ、私は目くじらたてる程ではないと思うのですが…
その話は前の日記にも書いたので、ここでは書くのはやめましょう!

さて、今日電車に乗っていて、中吊り広告も一通りチェックし、読む本もなくなってしまったので、ドア上のTVを何気なく見ていました。
そこで目に入ってきたモノ…

「出す?出そ?」

何だコリャ?と急に興味を持つ。

映像を見ると「からだ巡茶」のCMだった。
新作CMらしい
CM参考:http://meguricha.jp/cm/index.html

「出す」という言葉も捉えようによっては…じゃないッスか?
えっ?私の想像力が偏って膨らみすぎているですって?
ハハ…否定しませんが…

しかし、この制作チームやるなぁ!

「ブラジャー」で引くどころか、あくまで「含む」表現で、あっち系の香りを残したCMにするとは…
制作者、素敵過ぎるぞ!!!
この制作者は、健康の中に爽やかなエロを盛り込みたいのではないかと、勝手に私は見ている。(本当に勝手ではあるが)
いいねぇ!気概を感じます。

だから、広末涼子なのではないだろうか?

広末涼子は、デビュー当時こそブリブリのアイドル路線でピュアなイメージであったが、最近の彼女は決してそうではない。
逆に、強かな計算高さを匂わせる女性としてのイメージも持ち合わせている。
しかし、不思議なことに「透明感・清潔感」を感じることの出来るタレントだと思う。
その上、彼女は「色気・艶」をイメージさせる雰囲気も持っている。

健康の中に、健康とは対極にある艶っぽさを持ち合わせる稀有なタレントさんだと思う。

先の「からだ巡茶」のCMにおいて、あくまで私の仮説ではあるが、制作者の「健康の中へ含むエロ要素へのこだわり」があるとするならば、広末涼子のキャスティングは素晴らしいと言える。

最後に…
「だす、だす」言っているCM(砂風呂編)を貼り付けておきます。



そんなに好きじゃないんですが、こうやって一連のCMを見ると、広末さんてエロだな …

しかし、「からだ巡茶」のCM製作スタッフ~!(英孝)は、なぜ健康の中に色気要素を入れたかったのだろう…?
あっ!元々色気要素とか言ってるのも私の勝手な説だから聞いても仕方ないか…




※上記の内容は、あくまで私の個人的な推測です。「からだ巡茶」のCMが
上記のコンセプトで制作されていることを保証するものではありません。



こんな私が営む会社です
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://officegun.co.jp/
ライフプラン・資産相談.com
 http://life-asset.com/

☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道雑記 
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/

2008年04月17日 (木) | 編集 |
草剪剛の出演している地デジのCM
これは、関東だけなんですかね?
良く分かりませんが…

そのCMでのセリフ

「地デジサポーターも増えてきました」

サポーターが増えた?

増えるしかないでしょーが!
2011年7月24日には、デジタルに完全移行されちゃうんですから…

勝手に決めといて、なにが「サポーター増えてます!」だよ!

お金が出て行くことばかりです…
それも、お上が勝手に決めたことばかりで…



こんな私が営む会社です
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://officegun.co.jp/
ライフプラン・資産相談.com
 http://life-asset.com/

☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道雑記 
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/

2007年08月04日 (土) | 編集 |
昨日は、ドコモ2.0のTVCMについて書かせて戴きました。

今日は、ドコモの「アクセス制限サービス」CMのお話。

演出が「市川準」監督なんですね。

その看板に恐れた訳ではないですが(笑)、映像演出よりはコピーの話。
以下、そのメインとなるコピー

見せなくないものは見せない。
見せたいものはちゃんと見せる。


ふぅ~ん…

私が学生の時に聞いた話。

「世間の水より、南アルプス(の)天然水」
当時使われていたコピー。
このコピーについて、プランナーは「世間の水ってなんだ?」と考えたようです。
確かに、明確な定義はないですものね。

そこで、当初考えていた“森本レオ”さんから、ナレーションを“大滝秀治”さんにしたそうです。
なぜって?
「同じように世間の水???と疑問に思っても、大滝さんがいうと“大人になったらわかるかな?”という気にさせてくれるじゃない?」
とその方はお話をしていました。

当時、ナレーター1人までにこだわり、気を回すのがプランナーさんの仕事なんだなぁ!と感銘を受けたのを覚えています。

言葉の持つ力は強く、活字だけの場合、受け手にダイレクトに刺さる怖さがある。(逆に想像力が膨らむ利点もある)
しかし、適した語り手が入ることで、それを緩和し、優しい解釈として伝える事ができるんだなぁと思いました。

その話をした尊敬すべきクリエイターさんが、昨日に私の記事でも書いた、ドコモ2.0制作に絡んでいたのを知って若干ショックだったのと、あの人の会社の施策なら、私の想像を超えたCMの主張があるのかもしれないと考えたりもする。(ミーハーです)

まま、話を戻して…
そんな話を聞いて関係を受けた私ゆえに、「アクセス制限サービスCM」のコピーとナレーターの関係で考ると、???と思ってしまった。

監督は凄い(と思う)。
コピーの主張を何とか映像にしようとしているのは分かる(私は好きではないけど)。

しかし、「見せたいものってなに?」
大体、大人が子供に見せたいものなんてつまんない物ばかりだよ!
逆に「見せたくないものってなによ?」

と、私のように揚げ足を取るアホがいるかもしれない。
悪い主張ではないのに、言葉を意識した途端、別の疑問が頭をもたげてくる。そういうことって結構あると思う。
その時に、表現者として、どうするのだろうか?
先の天然水の例で言えば、誰で緩和できるのだろうか?

そこまで考えて広告なんじゃないかな?と思ったりした。

今回のナレーターは「成田 浬(なりた かいり)」氏。
若手の俳優である。
何故???

「見せたいものは見せる。
 見せたくないものは見せない。」

この言葉の抽象的な部分を彼は埋めてくれるナレーターなのだろうか?
意図するところがどうしても分からない。

まぁ、ここに広告表現の難しさと奥の深さを感じる。
また、面白さも!

しかし、ドコモさん…
これじゃぁ「そろそろ反撃」どころか、「返り討ち」に遭ってしまうんじゃない?
と、毒を吐いて終了。



☆ゆう坊's other sites☆
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/
合気道S.A.戸田
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/aiki/top.htm
合気道雑記 ※7/26更新
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/

2007年08月03日 (金) | 編集 |
ずーと、書こうか悩んでいたんだけど、やっぱり書こうかな?
“いまさら感”があった方が、注目浴びない分、気楽に書けそうだし。

で、これから書くことで、誤解して欲しくないのは…
私も「宣伝」業に携わっているので、一つの施策を世に出すまでの努力は想像できる部分もある。(楽しい時もあるけど、本当に大変よ)
また、私は以下プロモーションのコンセプトやそこに行き着くプロセスを正確に知らないから、制作者をどうこう言うつもりもない。
単純に、「視聴者として感じる一つの見方」を書いてみたいと思っている…
一般的にいう“悪口”ではない事だけは理解して欲しい。

さて…

Docomoさん、どうしちゃったんでしょうか?

まず、2.0.
初めて目にしたのはこのコピーから…

さて、そろそろ反撃してもいいですか?

これは、発表当時から賛否両論で、色々な場所で物議されたようだ。

制作側の意図は知らないが、あれでは「業界No.1ドコモが、今まで反撃していませんでしたけど、本気になったらあなた方分かっていますよね?」という驕りとして受け取れた。
仮に、それが事実だとしても、一般の消費者相手にしている企業がこの傲慢さ(本音)をこんなに露骨に出しては逆効果なんじゃないかと思った。

まぁそんな事は、私が言うまでもなく散々巷で言われてきた事だろう。

このコピーは百歩譲って、我々消費者へのメッセージだとしても、業界内部へという狭い世界へのメッセージだとしても、外に向いているメッセージとして受け取る事ができた。
非常に優しい気持ちで見れば「ドコモ自身が、我々へのサービス意識向上への鼓舞・宣言」とも解釈できた。

それは、かなり贔屓目で見ての話であるが、「まだそう思えた」のである。

その“宣言”から数ヶ月…
最近OAされているCMときたら…

正直、あのCMで2.0とは何なのか?を私は感じられない。
「薄さ」「ワンセグ」「ゲーム」etc.今までのCMで訴求しようとしている(んだよな…)。
しかし私は、今までのCMでは2.0の機能・特徴・他社との違いを伝えきれていないと思う。

HPに行けば、それなりに理解はできる。
自社HPへの誘導は、最近のCM手法の定番だ。
しかし、CMで何か伝えて欲しいし、今のものでは、商品としてのメリットがピンとこない。

「楽しそうだなぁ!豪華なキャストで凄いなぁ!」
こういうところから興味を持って、HPや店舗へ行く者も多いだろう。
でも、豪華なキャスティングではあるが、あれ「興味を引く」CMだろうか?と思っている。

ここでも、コンセプトが分からないので、仮説を立てよう!

あのCM、商品の訴求より、豪華なキャストを使ったイベント感&登場感・なんだか楽しい感等々、雰囲気をアピールしようとしたとしましょう…
だとしても…

一連のCMが、内輪ウケにしか感じないんだよなぁ…

なぁ?俺たち楽しそうだろ?
って押し付けられているようで…

地元話で盛り上がって、その他の人がポカンとしていると「何この良さがわかんねぇの?」って本気で思っちゃう人いるじゃない?
大体が、分かっていて「それがいいんだって」と郷愁に浸る程度なのに…(これなら私も良くやるからね)
そういう勘違い野郎を目の前にした感覚に似ているかな?

例えを変えれば、あまり親密ではない知人から、生まれたばかりの赤ちゃんの写真を全面に使った年賀状を送ってこられて、戸惑う感覚…かな?

さらにいえば、自分達の結婚式ビデオを延々と見せられて、解説される辛さといえばいいのだろうか?

ドコモのCMは、それをCMでやってしまった様に思える。

恐らく、その原因の一つに「商品訴求」ができていないことが挙げられると思う。
メッセージ性がない(様に私は感じた)ので、私は内輪ウケビデオを見せられている感覚に陥ったのかもしれない。

「はしゃいでるのは画面の中だけなんだよなぁ…」

と、気付いてしまう。

資生堂TSUBAKI同様、豪華キャスティング陣を引いているのに、ドコモの方の野暮ったさは何なのだろう?
(蒼井優ちゃんは、TSUBAKIと両方出演だね)

私は、あそこに出ているタレントさん、皆ケッコウ好きである。
※瑛太と吹石一恵は特に



まず、訴求内容。そして、タレントを使うならその生かし方。
もう少し考える余地があったのかもしれません。
まぁ、これも経緯を知らないので、好き勝手書かせて戴いただけになってしまいますが…



自分でも、販促活動は常に結果と反省、そして次の施策というフィードバックなので、偉そうな事はいえないが…
また、批判する方が楽だからねぇ!
だから、同じ宣伝の仕事に携わる身としては、書いていて心苦しいところもあった。

ただ、たまには気になるところを書いてみようと思った。
このCMが好きな人ゴメンなさい…

で、書いたついでに、他ドコモCMについて軽く一言。
今度は、上記の2.0とは扱い代理店が違います。
しかし、また長くなっちゃったので、明日UPします。



☆ゆう坊's other sites☆
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/
合気道S.A.戸田
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/aiki/top.htm
合気道雑記 ※7/26更新
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。