武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月08日 (木) | 編集 |
落語に「千両みかん」という噺がある。
簡単にあらすじを言うと以下の通りである…

大問屋の若旦那が重い病気にかかり、ミカンが食べたいと言い出した。
紀州に行った時のミカンの味が忘れられないらしい。
しかし、今は夏でミカンは食べられない季節。
大旦那からこの話を聞いた番頭は、お店にご恩になっている恩返しに、ミカンを探すことになる。
しかし、何処に行ってもミカンを売っているお店はなく、ほとほと困っているところに、ミカン問屋である「万屋」を紹介してもらう。
そこで、ミカンを求めると、ミカンが貯蔵されている蔵へ入って、蔵中のミカンを確認した。
皆腐っていて全滅状態であったが、一つだけ食べられそうな綺麗なミカンが出てくる。
番頭は喜んでそのミカンを買い求めようとすると、万屋は、「このミカンは千両する」と言い出した。
万屋が言うには「夏場でもミカンが食べられるように大量のミカンを貯蔵しているが、全てが腐ってしまう年もある。故にこのミカンは千両の値打ちがある」との事であった。
番頭は慌てて、大番頭に相談して、千両でミカンをたった一つだけ手に入れる事になる。
早速、若旦那の枕元へミカンを届ける番頭
さすが大店の若旦那、千両の金額など気にする事もなくミカンを食べるが、番頭は千両が頭から離れずドキドキしている。
若旦那はあっという間に一個十房のミカンの七房を食べ、残り三房は、番頭の両親と三人で分けて食べてくれと言って手渡された。
ミカン三房を手にした番頭、持っているうちになにやら変な気持ちに…
十房で千両、三房なら三百両…
これだけあれば、苦労なく生活が出来る…
番頭は、なんとそのミカン三房をもって、店から出て行ってしまう…

とまぁ、こんな噺である。

ただのミカンに千両の値がつく…
そのただのミカンが、大金に見えてきて、番頭の中では大金そのものになってしまう…
「おいおい、そんな訳ねぇだろ!」とツッコミたくなるが、我々もここまで極端ではないが、結構このような経験をしているのではないだろうか?
季節、在庫、需要の幾つかの要因により物の値段が変わっていく…
今でも物価ってこんな感じで動いているんじゃない?

FP視点としてみても、資産全体にこの様な側面がる。
特に不動産や株の値のつき方は、程度の差はあれ、この様な要因をはらんでいるのではないかと思う。

また、販売促進の仕事として捉えても面白い。
我々は、この様に商品に付加価値を与えて魅力ある商品として購買を促す事が求められる。
しかし、決して嘘をつく事ではない。
この噺で言うところの「夏場でもミカンを残すためにミカンを貯蔵しておく」「それでも全て腐ってしまう時もあるから、1つでも食べられるミカンを見つけたあなたは、選ばれた者&幸せ者(ラッキー)である」と言い切ってしまう、理由となる背景やストーリーが欲しい。
また、我々の仕事はお客様からそれらについての商品情報を聞き出さなくてはならないと思う。

落語は、こういうところも気付かせてくれる面白さもある。

FPゆう坊のワンポイントは、続きを読んでね。
[続きを読む...]

2005年11月26日 (土) | 編集 |
弊社の柱は大きく2つある。
■宣伝広告、販促提案の企画会社
■ファイナンシャル・プランナーとしてのライフデザインコンサルティング
どちらも、顧客の目的に合わせてプランを作成して、実現を目指していく仕事である。

どちらも企画をライフプランを『デザイン』する事になる。

弊社を立ち上げる前(前職を辞めて、準備していたころ)、前の会社の上司の仕事を手伝っていたことがある。
色々ご指導(?)賜りながら、毎日うるさい(?)忠告を聞く中で、たまに凄く興味深い話を聞くことができる。
その覚えている話の一つがこの「デザイン」の話であった。
※散々な書き方をしているが、親しみを込めてこのように書いてだけで、私はこの上司から色々教わり、尊敬しております。
今でも、たまに思い出して連絡も戴き、感謝しております。

さて、以下、そのやり取り…


上司(以下、上)「おい、うちの仕事はデザイン(設計・企画も含む)の仕事だよな?デザインってどういうことか分かるか?」
私「えっ…何となく」
上「何となくじゃダメなんだよ。じゃぁ、まずデザインて日本語でなんと言う?」
私「デザイン…そのまま使ってますから改めて日本語と言うと困りますねぇ…」
上「お前、そういうことを調べたりしないのか!こういう商売しているんだから、興味を持って調べたりしろよ!(こんな感じだったと思う)」
私「……(また説教か?)」
上「日本語にすると良く分かるんだよ。意匠だよ!」
私「イショウ?」
上「意見の意に、タクミだよ!」
私「ハァ…?」
上「匠の意味分かるよな?作り物だよ。その作り物に意味を込めるって事だよ!」
私「なるほど!」
上「だから、我々の提案や作り物には全て意味が込められていなくてはダメなんだ。漠然と何となくカッコイイとかじゃ相手を説得できないだろ?」
私「そうっスねぇ…」
上「世の中には原理原則があって、その原理原則を踏まえて道筋を作っていけばうまくいくもんなんだよ。(みたいな事を言っていた)」


この後も、色々と話は続いたが、長くなるので今回のテーマデザインのところで止めておく。

私は、今でも何かあるとこの言葉を思い出す。
・この仕事の本質は何なのか?
・施策の原理原則を踏まえて提案できているのだろうか?
・顧客満足はどの形で提供できるのだろうか?
・提案内容に意味やメッセージ、筋道が通っているだろうか?
・その提案は、納得できる(してもらえる)内容だろうか?
宣伝業とは、「あるものとあるものを結びつける」コミュニケーション業と言われる事がある。
各々意味を設けるからこそ、ありえない(と思われる)企業と消費者(企業)を結びつける事が出来るのである。

住宅メーカー&銀行&航空会社
これらが結びついて、一つのビジネスを形成していると想像しづらいと思いますが、マイレージサービスを通じて皆利益を得られる形になっている。詳しくは検索すればすぐに出てくる内容なので、各々調べて頂きたい。

また、身近にある物には意味の込められたデザインだらけである。
グラスの取っ手、しょうゆ差しの上部の穴、ラーメン屋さんのレンゲ、居酒屋さんやレストランの照明、等々
皆さんも、身の周りにあるものが、どの様な意図でこのようなデザインになったのかに思いを馳せてみるのも面白いと思う。

私も、お客様からの問い合わせに対して、一緒に答えが出せるように、意味のあるメッセージを込めた提案を心掛けて行きたいと思う。
何かを伝える手段があると言うことは凄く素敵なことだと考える。
それが、「デザイン」に携わる私の役得でもある。

2005年11月23日 (水) | 編集 |
今日は、先回の続きとなっていた、プロデュース能力の話。

我々の仕事は、多くの協力会社とチームを組んで仕事を行う事になる。
代理店としては、チームの進行を滞りなく進めるために各方面と調整を図ることとなる。
お客様との窓口は弊社となる訳で、企画の内容やお客様の意向を伝えなくてはならない。
そこでよくあるのが、「あとは宜しく!」と外部に丸振りしてしまうやり方である。
私も、各専門スタッフの方がそれぞれの最新知識を持っていたりするので、敢えてそのような仕事の依頼の仕方をする事がある。

最近は、なんでも「指示がないと動けません」と言うクリエイティブスタッフも多く、その風潮には疑問を感じたりもしている。
恐らく、責任の問題や無駄をしたくないという心理等々色々あるのだろう。
酷いのは、表現の細かいところまで聞いてくる人もいるが、それはあなたがプロだろう?と問い返したくなる時がある…
当然、そういうスタッフとは次からは仕事をしない。

が…しかしである。
やはり、我々プロデュースをする立場としては、細かな表現方法まで言う言わないは別として、各スタッフに方向性や核になる考えを伝えて、ある程度の道筋を与えてあげることが、コストの面でも良い仕事を収める面でも必要なことだと思っている。

お金を払うのだから、なんでもお任せにして、方向性に関しての質問をすると「それはあなた方の仕事でしょう?」などと言う会社の方がいる。
それではイメージも発想も広がりすぎてまとまりがなくなる。
そんな方々とは正直仕事はしたくない。
あなたしかその仕事の依頼主に会っていないんですから頼んますよぉ…である。
また、そういう会社ほど、何も指示しない割には何かがあると人に責任を擦り付けるような卑怯な会社であることが多い。

やはり、企画の実現のためには何が必要か?その為にはどのようなスタッフが必要なのか?そのスタッフに何を求めるのか?予算はいくらになるのか?等々…
全て計算をしていけなくては、プロデューサーとは呼べないのかもしれない。
最近は、「やれ!の一言で何でもやらせてしまう人や会社が多い。
それでは、指示を出している本人の成長に何の得にもならない。
まぁ、そんな人の成長などどうでもよい…
いつか自分の実力のなさに勝手に気が付けばいい。
しかし、付きあわされている協力会社は、何も知らないムチャクチャな指示によって、無駄な時間と経費を使うことになる。
これは最悪である…
結果、コストがかかり過ぎた上に納得のいく形で収まらない、つらい結果となります。

時間とは非常に大切なものだと考える。
先の方々は、その大切な人の時間を何だと考えているのだろうか…

調整役だからこそ、責任とビジョン持って仕事を進めたい…
何でも人任せにして、風上気分に浸る職種ではない。
だが、世の中にはそういう人が多くいる事が残念である。

私も、改めて自分の仕事やプロデュースについて省みようと思う。

2005年11月11日 (金) | 編集 |
昨日の話の続き。

例えば、先の業務範囲を狭めて、「うちの会社は、展示会イベントのプロデュースが得意です!」という会社があったとする。
そうなると、我々はどのように仕事を進めるのか…
完全なプロデュース業であり、故に、煩雑ではあるが、弊社のような小さな会社でも仕事が出来るのである。

しかし、それはまた別の話…


と言う話で終了していたと思う。
さて、先のイベント中心の会社で行う業務であるが…
・イベントの企画は当然の事として…
・企業イベントのためのブース建物のデザイン~施工
 施工にあたって木工や電気、水道等々各会社と接する。
・当日の運営スタッフの確保
 オーディションや人材派遣会社等々と打ち合わせ
・顧客向けDMやチラシの制作
・アンケート取得の場合はその集計
・パネル等、備品やレンタル品の発注
・演出関連の映像や照明手配
etc...

これらの事を行うことになる。
しかし、全部自社で作るわけではなく、各専門の会社発注をします。
クライアントが代理業を使うメリットとして、このような多岐に渡る業務発注をクライアントは一社だけに伝えるだけで済んでしまうのが挙げられる。
もし、自社で全て発注なら、窓口が多くて打ち合わせも大変だ…
本業は、もっと他にあるので、決まった実務進行の管理は、極力手間をかけたくないと思うのもうなずける。

そこで、本来なら間に入る必要のなかった代理店が、煩雑な実務を有料で代わりにやってくれるような仕組みが出来上がる。
代理業の基本スタイルと言えばそうなのだが、知らない人も結構周りにいたので、改めて説明した。

となると、我々は多くの協力会社と打ち合わせをし、進行の管理をしなくてはならなくなる。
業務は、協力会社へ任せるが、決して「丸投げ無責任」な形では進行は許されない…
そこでは、プロデュース能力が問われることになる。

さて、そのプロデュース能力について語りたいと思うが…
それは、また別の話

2005年11月10日 (木) | 編集 |
たまに、私の業務内容について聞かれることがある。
コミュニケーション業とも言われる我々の業界は、業務範囲が広すぎて、イマイチイメージしづらいようだ…
また、どういう仕組みでビジネスが成立しているのかも、理解がしづらいようだ…

ここで、少しお話をしたいと思う。

我々の仕事は、「商品を売る」ための促進活動の提案です。
売るためには、「知ってもらう」事が大切です。
どれだけ良い商品でも誰も知らなければ、「好き・嫌い」も「買いたい・買いたくない」もない。
そこで、知ってもらうための活動に、「広告・宣伝」の手法を用いることもある。
また、マスメディアである広告活動の他にも、売り上げに繋がる事なら何でも行う仕事である。
商品を知ってもらい、買ってもらう訳ですから、その手法は一つや二つではなく、非常に多岐にわたるものである。

広告といったって、「テレビ・ラジオ・雑誌・新聞」はじめ、交通広告や看板等があり…
知ってもらった後は、店頭で商品に手を伸ばしてもらうためにPOPや試食、チラシetc...があり…
買ってもらった後のサポート体制や保障等々があり…
それらを生かす事の出来るチャネル開発や営業支援(研修)があり…

会社の特性により、その業務範疇に差があるが、「何をやっている会社」と言われても、「一言で言えない、非常に幅の広い事を行っている業界」であると言える。

そこで、各企業はそれらのどれか一つもしくは幾つかの業務を特化させて差別化を図って競争力をつけているところが多い。

さて、弊社は…?
まぁ、この話は後ほど触れたいと思う。

そして、どこで「お金を稼いでいるかと言うと…
簡単に言えば、代理業として中間マージンを戴いている」と言って良い。
簡単に言えるが、その業務進行を説明するのは、そう簡単でもない…
そして、その業務進行の煩雑さが、ビジネスとして成立しえる所以になる。

例えば、先の業務範囲を狭めて、「うちの会社は、展示会イベントのプロデュースが得意です!」という会社があったとする。
そうなると、我々はどのように仕事を進めるのか…
完全なプロデュース業であり、故に、煩雑ではあるが、弊社のような小さな会社でも仕事が出来るのである。

しかし、それはまた別の話…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。