武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年02月16日 (木) | 編集 |
「このラーメン、濃厚スープの割には、後味さっぱりしている」
 
「これなら女性でも食べられますね」
 
「うわぁ、○○のIT革命やぁ!(もしくは、宝石箱やぁ!)」
 
グルメ番組等で、レポーターが良く言うセリフである。
まぁ、最後のセリフは、彦麻呂さんの専売に近いが…(笑)
 
 
今日は、販促屋さんとして「伝える」のお話
 
 
彦麻呂さんのセリフは例外として、こういうレポートを聞くといつも思う事がある。
『濃厚なのにさっぱり?』
『女性でも食べやすい?』
私のように「濃厚」そのままを求めてラーメンを食べている人にとっては、全く魅力のない話になってしまう。
あと、女性でも食べやすい理由は、さっぱりしているとかヘルシー、量が適量と言うことなのであろうが、「大食い」の私にとって、量が少なく味気のない食べ物に何の魅力も感じない。
 
いや、多分食べたらおいしいのだろうし、そういう料理を否定する訳ではない。
私が、ツッコミを入れたいのは、レポーターの方である。
『いつから、濃厚よりさっぱりの方が褒め言葉になったのだ?』
『女性でも食べやすい料理と言うのは美味いのか?』
健康志向がすっかり根付いた昨今においては…
「濃厚」より「さっぱり」
「重い」より「軽い」
「男性的より「女性的」
「濃い」より「薄い」
「人工的」より「自然」
etc...
が、プラスのイメージを与える言葉として重宝される。
 
本当にそれで美味しいなら私もそれはそれでいいんじゃない?と思うだろう。
私の好きな「濃厚・ドロドロ・濃いぃ~」不健康テイストとは違うと言うだけである。

しかし、レポートする方の中には、「○○の一つ覚え」のように、先のワードを使う人もいるように思う。
 
もし、濃厚一筋で美味しさを追求している料理人だったらどうするんだ?
それを勝手にリポーターが「濃厚ですけど、さっぱりですね!」って、どっちなんだよ?と言いたくなるようなコメントを残されたら…(笑)
「えぇ!まだ、さっぱりしてた?それを消したかったのに…」と料理人がへこんでしまったらどう責任をとるんだ?(笑)
 
なんでも、濃いのあとに、「でもさっぱり」とか言えばいいってものではないぞ!
よく考えて、自分の舌や気持ちを信じてコメントしろよ!
たまには、死んじゃうんじゃないか?と思うくらい、不健康そうな、しかし美味いものを食べたくなる時だってあるんだ!(それってどんな料理?:笑)
 
グルメレポートのコメントを残す際の「外しのないワード」というものがあるのであろう。
このような「外しのない言葉」は、どの世界にも存在するように思う。
私にも経験上、交渉テクニックとして、外しのない言葉を使う事もある。
ただ、頭を働かす事無く、「一般論だから」という雰囲気に甘えて闇雲に先のワードを使うレポーターなどを見ると、若干鼻につく時がある。
 
だから、あなた方の言葉は、相手に伝わらないんだよ!
 
それならば、彦麻呂さんのように、訳の分からん語彙選択だが、「心が動かされた」と言う表現を独自の大袈裟なオモシロ言葉で伝える方が、我々の心の中に残る。
 
最近は、饒舌の営業マンより、たどたどしくも一生懸命内容の濃い話をしてくれる営業マンの方が信用して商品を買ってしまうと言う話も聞く。
また、営業のために心理学を学ぶと言う話も聞く。
 
テクニックと心、両方のバランスの中に人の心を掴む何かがあるように思う。
策におぼれる事無く、ガムシャラな感情だけでなく、自分らしく何かを伝えると言うこと、伝えたい人の心を動かすと言うこと、考えてみると面白い。
 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ほんと考えさせられますね
相手のことをどれだけ想像できるか
がポイントなんですかね?

ちょっとずれるけど最近のテレビはほんとにつまらない
というか全然見ていないけど。
せっかくデジタル放送のテレビ買ったのに。
2006/02/16(Thu) 21:40 | URL  | ねろあき #-[ 編集]
やっぱり物事を相手に伝えるために重要なのは、自分が感じたことを素直に表現することですよね?
まあ、私も腹黒代表としていろいろ考えて話をしてしまうほうですが、相手に本気でわかってもらいたい時などは自分の気持ちを素直にぶつけたいものです。
いろいろと考えさせられます。
2006/02/16(Thu) 22:40 | URL  | mackey #-[ 編集]
ねろあきくん
私も何を言いたいのか良く分からなくなってます…(笑)
何となく、したり顔で「いやぁ、さっぱりしていて良いですねぇ!」なんて言っているレポーターを見ると、「お前、今いいコメント言ったなぁ!って自分で酔ってるだろ?」といいたくなると言うだけなんですよ。
決まり言葉を使って喜んでるなよ!とね。
それが、膨らんでしまって、このような話になってしまったと…
そんな事を書いていたら、TVでコメントを工夫してカレーうどんを食べてる映像が入ってきました。
ダイエット中の私には、これまた辛い!
 
なに?デジタル放送対応のTVを買ったの?
なんだかんだ言って、儲かってんじゃないのぉ~?
2006/02/16(Thu) 23:23 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
mackeyへ
いつもコメントありがとう!
素直に(?)気持ちをぶつけられて、つい最近お互い困っちゃった事があったじゃない?(笑)
あれ、そんな事はなかったっけ?
あー!ないない!何にもなかったわ!(笑)
ウソつく必要性はないけれど、若干のハラグロ(?)トークはいるのかもね?
あくまで、お付き合いの潤滑油としての範囲内で!
でも、こういう当たり前のコメントしか言わない人ってTVだけでなく、我々の周りにもいるでしょう?
そういう方は、普段、いかに色々な事を自分の知識・経験として吸収していないか分かってしまうから怖いよね…
物知りとか博学とは意味合いが違いますよ!(その辺は、今度飲んだ時にでも)
さて、自分も気をつけよう!
2006/02/16(Thu) 23:25 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。