武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年01月07日 (土) | 編集 |
しばらく更新をサボってしまった。
正月ボケが抜けていないのだろうか…
 
ちなみに、今日は七草粥を食べる日のようです。
私も今日は七草を食べます。
それも、歩いて10分程度のところにある実家に帰って食べます!
なぜなら、今日カミさんが新年会で帰りが遅いからです。
 
カミさん、七草食わずに風邪をひけっ!
カミさん、七草粥で口ヤケドしろ!
(たむらけんじ風で…)

では、今日は七草について書こうかな?
 
1月7日は、「人日(じんじつ)の節句」「七草の節句」と言います。
「人日」とは古代中国に由来するもので、正月1日から立てる占いの順番に起因しています。
順番は、「鶏、狗、猪、羊、牛、馬、人、穀」の順。
その順番で行くと、1月7日に「人の占い」=「人日」らしいです。
また、新しい一年の運勢を占うもので、この日の天候も占いの対象で、晴れなら「幸あり」です。
 
それが日本では、新年の占い始めの日であるとともに朝廷や幕府に年賀を述べる日となります。
 
江戸時代になると、
五節句
・1/7人日の節句
・3/3上巳の節句
・5/5端午の節句
・7/7七夕の節句
・9/9重用の節句)
の一つとして、将軍、諸侯が七草粥を食べる公式行事になりました。
 
この日に「七草粥」を食べると邪気が払われ、無病息災でいられるという慣習になっていきました。
古くは、奈良時代から七草を食べる習慣があったそうですが、鎌倉時代までは、当時の中国同様、七草を汁物にして食していたとも言われています。
また奈良時代の七草は、現代の七草とは違っていたようです。
 
1月7日の七草は、「春の七草」と呼ばれ、他には「秋の七草」もあります。
<春の七草>
・せり
・なずな
・ごぎょう
・はこべら
・ほとけのざ
・すずな
・すずしろ
<秋の七草>
・ハギ
・ススキ
・クズ
・ナデシコ
・オミナエシ
・フジバカマ
・キキョウ
春の七草は薬膳用として、秋の七草は観賞用という事のようです。
秋の七草でも、一部は、根や葉を薬膳としていたようです。
 
もともとは、旧暦の1月7日にしていたものなので、今現在、全ての七草は育っている状態なのだろうか…
ちなみに、旧暦の1月7日は、新暦2006年では2月4日にあたります。
一ヶ月も先だっちゅうの!
いまは、季節感なく野菜や果物が売られ、スーパーとかで買えちゃうから問題ないけどね。
 
七草ではないが、昔ばあちゃんと一緒にその辺に生えている草(ヨモギ)を取って、草餅にした思い出がある。
そういうところで、昔の人は季節を感じたのだろうなぁ…
昔の人達の風情と知恵、侮れないよなぁ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
今日、買い物に行ったら七草がパック詰めで売っていました。
おかゆが苦手なのでパスしました。
うちは、甘党なので鏡開きのぜんざいの方が好評です。
七草、勉強になりました。
2006/01/08(Sun) 00:20 | URL  | マリモ #-[ 編集]
マリモさん
 
七草粥はパスでしたか!
私は、実家で食べてきました。
まぁ、味はお粥なので、ありきたりではありますが、私は現在ダイエット中なので、おかゆ程度がちょうど良かったです。
 
11日は、鏡開きですね、
これは武家の風習らしくて、「切る」と言う言葉を嫌うところから、お餅も刃物を使わず、「割る」のが本当らしいですね。
しかし、「割る」もいい言葉ではないので、鏡開きと運を開くなどを掛けて、「開く」を使っているようですよ!
 
私は、酒飲みで、辛党&甘党と言う節操のない男なので、鏡開きも楽しみです!
ぜんざいも地方や家庭によって色々あるようですね?
家はどんなだったっけなぁ…
2006/01/08(Sun) 01:46 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。