武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月24日 (木) | 編集 |
6月20日(日)放送の「エチカの鏡」を偶然見た。

テーマは「終活」
人生のエンディングのお話ですね。

来月に「葬儀・お墓」のセミナーの講師をするのもあって、ついつい見てしまいました。

内容は…
「おいおい、あまり俺のセミナーネタを紹介しないでくれよ!」
って感じですが、やはりそうなんだな…と、自分のレジュメ内容の正さを確信出来たりもしました!

その最後の話
漫画家 青柳裕介さんのお話は、思わず涙が出てしまいました…
※最近涙もろくて、あらゆるところで涙してしまって困る…

どんな内容の番組だったのかは、他の方がブログでうまく説明してくれているので、そちらのリンクで…(笑)

一つ目:http://blog.goo.ne.jp/aloha-kingyo/e/52832d27d8c683c0dcdd23dc378510ea

二つ目:http://blog.goo.ne.jp/symc1361/e/516c6332855986a97a56ff348efe26fa

やはり、やられたのがこれかなぁ…
青柳さんが終活準備を終えた頃、妻を呼んで一言。

“俺との時間が欲しくないか?”

そのあと、妻を抱きしめたそうです。


いかん…今も泣きそう!



何度か書いているので、お読み戴いている方には、またか…でしょうけど。
私のお袋が亡くなる前日、お袋は集中治療室に入っていたのですが、我々家族一人一人に握手を求めてきました。
本人は「皆の(治すための)パワーが欲しい」なんて言っていましたが…
あの時のお袋は、皆と「お袋との時間」を作ってくれたのかもしれません。

後悔しても始まらないけど、あの時にちゃんと握手しなかった自分が悔やまれます…
※照れもあったし、握手したら本当にお袋が亡くなってしまうような気もして、嫌だったんですよね。



死は必ずやってくるし、やってくる時期は選べない。
人が避けては通れないものだからこそ、エンディングの迎え方って大切なんだなぁ…と。
お袋の死の経験や、セミナー資料を作成していて、そういう思いになっていたのですが、エチカを見て、より思いを強めました。
自分一人の問題ではなく、遺された大切な人達の為に、生前に何が出きるかを考えることって、上手く言えないですが、温かいことだと思います。

遺された者にとって大切な人の死は辛いものです。
受け入れざるを得ないのですが、それを納得するのかしないのか…
そのメンタルケアの一つに、ここでいう「終活」が役に立つなら…

母の死をまだ引きずっている私としても…
ファイナンシャルプランナーとしても…
エンディングの迎え方についてサポートが出来るのでは?と思っています。

最後に、青柳祐介さんの作品の一つ「はるちゃん」のTVドラマ版から…
主題歌:それだけしか言えない/ジョー・リノイエ
※同じ曲のアップがいくつかありましたが、投稿者のコメントに賛同してこれにしました!
“だが、それがいい!”(花の慶次:前田慶次郎のセリフより)




ご相談大歓迎!あなたの資産の護身術をお教えします!
 武道家FP GUNちゃんの
      家計の護身術道場
 http://officegun.co.jp/

☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道S,A.大宮
 http://aikidosa-toda.com/sa-omiya/top.htm
合気道雑記 
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda
スポンサーサイト
テーマ:エンディングプラン
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
GUN岩本さん

ボクも最近強烈に涙もろくなっています。
スポーツ選手のドキュメンタリーなんかを見たら
もういちころです。
電車の中で、本を読んでいてボロボロくることもしばしば^^;

死は必ずやってくるし、やってくる時期は選べない。
⇒まさしく!
相続の話しは誰も避けては通れない。





2010/06/24(Thu) 14:13 | URL  | BYSプランニング 釜口 #-[ 編集]
釜口さんへ
いつもコメントありがとうございます!
電車の中で涙ボロボロですか?
私は、まだその域には達しておりません…

エンディング寄りのセミナー講師が多いのもあって、このての話はつい興味を持ってしまいます。
今を生きるのも大変でしょうが、将来への不安もありますものね?

死とか相続とか、言葉としては負のインパクトを持つ言葉ではありますが、自分のエンディングをどう考えるか?は、今をしっかり生きるための一つの指標になると考えています。

不安を取り除いて、楽しい未来を歩んでもらう!
そんなお手伝いをFPとして携わっていきたいですね!
2010/06/25(Fri) 09:31 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。