武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月07日 (火) | 編集 |
10月4日(土) 戸田第二小学校PTAからお話を戴き「親子で出来る護身術」の講師として護身術指導をしてきました。

知らない人の為に…
私は、週一回だけ合気道を指導しています。
■合気道S.A.戸田
http://aikidosa-toda.com/
それで、こういう話もお請けさせて戴いております。
現在、会員も募集しております。

今までも、護身セミナーのお手伝いは、要請に応じて何回か行わせて戴きましたが、私の地元である戸田市の団体から、このような要請があったのは初めてです。
せっかく公民館で合気道教室を開いているので、できれば、地域とのコミュニケーションを図りたいと思っております。
当教室でできる事がありましたらご協力させて戴きますので、上記サイトのお問合わせページより、遠慮なくお問合わせください。

感想は、楽しかったです!!!

ここで少しだけどんな事をやったのかお話しすると…
「不安・恐怖」は、「知らない・分からない」というところから起こる場合があります。
どんなに便利でも、使い方が分からなければ、車や飛行機を運転しようとはしませんよね?
また、パソコンの設定だって、良く分からなければ、変なところを押して壊してしまわないかと、怖くていじれませんよね?
しかし、車も飛行機もパソコンも、扱い方を知っている人からしたら、適度に注意さえすれば怖いものではないはずです。

護身の場合もそうなんですよね。
まずは、出来る出来ないよりも、対処法を「知ること」が大切なんです。

恐らく、1日のセミナー程度では強くはなりませんし、教えた事を身体で表現する事はできません。
しかし、教わった事はもう「知っている」訳ですから、練習次第ではものにすることが出来るかもしれない。
一つでも二つでも、対処法を知るということは心の余裕に繋がるので、自ずと“逃げる”隙を伺えるようになる可能性は広がります。

「護身は、まずは“身を護ること”なので、相手と無理に戦う必要はない!」

これが私の持論です。

そのために、セミナーでも「離脱」するためのいくつかの方法を指導しました。
ただ、それだけでは合気道の醍醐味や面白さが伝わらないだろうと思って、最後の方に、合気道の理合に沿った体の使い方や、実際に相手を制する『技』を指導しました。

参加者も150名弱の方々が集まってくれて、参加者の護身に対する意識の高さを垣間見ました。

そして、皆さん積極的に取り組んでくれました。
子供達は「先生教えて~!」「技掛けて~!」なんて、気軽にきてくれたので嬉しかったです。

時間を気にしていたつもりでしたが、会場を回って指導しているうちに熱が入ってしまって…
PTAのスタッフから「先生そろそろお時間です…」なんて言われてしまう有様…
まぁ、それだけ楽しく雰囲気も良かったと受け取る事にしましょう!(笑)

それで、最後の演武は、5つの型を予定していたのですが、1つの型を披露するだけで終了でした。

最初は、人数が多いのでどうしようかと少しビビっていたのですが、やってみると結構楽しいものです!
武道は、実際に相手を制する「技」の部分だけではなく、その考え方や理合を社会に生かすという意味でも面白いお話が出来るんですよ。
体育として武道を捉える事の他に、社会に生かす処世術のようなものとしても捉えてみるのも面白いと思います。

そして、そんなことをセミナーで話してみたいなぁ…

だって…
例えば、こんな本が出ているくらいですからね!

サラリーマン合気道  箭内 道彦 著
サラリーマン合気道

まだ読んでいないんですが、今度読んでみようかなぁ…
あと、こんな本が出ていると思うと、初めから無理だと思わずに、アイデアは早めに世に出した方がいいなぁ…と思う。
実は、似たようなテーマを表現できないかなぁ…と思っていたことがありましたのでね。
頭の中だけでは、何も始まりませんね。
行動しなくちゃ!

最後は、余談ですが…



こんな私が営む会社です
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://officegun.co.jp/
ライフプラン・資産相談.com
 http://life-asset.com/

☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道雑記 
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。