武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月27日 (日) | 編集 |
外出許可がでたら、お寿司食べに行きたいなあ…
病院の近くにある回転寿司でもいいよ
車椅子で入れるかなぁ…


入院しているお袋のセリフである。
まぁ、整形外科で、内臓系が悪い訳じゃないので、元気になると食欲だけはある。
病院食に飽き始めているので、先のようなことも言うのだろう。

昨日、お袋の病院に寄った帰りに、カミさんと回転寿司屋に入った。
下見という訳じゃないけど、どんなお店か入ってみようということで…

正直、味はその辺の回転寿司レベル(よりちょっと下かな?)。
ただ、メニューが子供ウケするものが多いし、ちょっとしたお遊び要素もあるので、小さい子供のいる家族にはいいんじゃないだろうか?

まぁ、そんなことよりお袋のこともあるので、つい「車椅子対応かどうか」を気にしてみてしまう。

通路=車椅子も通れる位の余裕はある。
トイレ=車椅子専用が用意されている。
駐車場=障害者用のスペースを確保されている。(まぁ、うちの場合必要としないが…)

これだけ見ると、車椅子の方が食事をするのに問題はないように思える。

しかし!

この店舗、エレベーターがないのである!

おしいっ!

そうなのだ!
この店舗は、1Fが駐車場・2Fがお寿司屋さんなのである!
2Fに車を横付けできる作りではないし、当然、2F駐車場はない。

この店は、車椅子の人に「階段上がってお店にいらしてください」と言っているのである。
「お店に入れば、通路も広いですし、車椅子用のトイレも用意してありますから!」
って言ってるんだよね?

これ…私の論理ではなく、お店側にちょっと無茶ありますよね?

それで、お会計の際に、うちのカミさんが…
このお店にエレベーターはあるんですか?
と聞いた時の店員の対応ときたら…

ないです…(けど何か?と言わんばかりのぶっきらぼうな言い方)

カミさんが、悪いこと聞いちゃったかな?といらぬ気遣いで引き下がり
車椅子用のトイレがお店にあったからぁ…
と独り言のように呟くも…

・・・・・
その店員は完全無視。

クレームつける気はなかったのだが、先のような態度をとられちゃったら、温和(?)な私も、少しは腹も立つ。

じゃぁ、車椅子用のトイレなんて意味ねぇじゃん!
何のために作ったんだよ!

と、軽く嫌味を言ってしまいました。

それでもその店員は、完全無視。

まぁ、アルバイトの姉ちゃんだろうから、「私に言われてもぉ~」と思ったのでしょう。

でも私達は、重箱の隅をつつくつもりも、嫌味を言うつもりもなく、「お袋連れて行けるかなぁ?」と思って単に質問しただけだったのだが…

こんな気遣いだから、車椅子仕様にした店舗内に車椅子で来店できないお店を作ることになるんだ!

いかん…また怒っているようなブログになってしまった…
今日は、そういう趣旨ではなかったのに…



さて皆さん、障害者専用の駐車スペース(1F)が用意され、車椅子専用のトイレが完備されている店舗(2F)に、その移動手段のエレベーターがない店舗をどう思いますか?

それとも、こういう障害者向けのものを用意すると、何か優遇されるものがあるんですかね?
それで、建築確認の際、図面にバリアフリー施設を落とし込むのでしょうか?
住宅用バリアフリー建築に関しては税制優遇ありますが、商業店舗ってどうなんでしょう?
軽く調べたんですが、軽くじゃ調べがつきませんでした…
知っている人いますかね?



☆ゆう坊's other sites☆
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://officegun.co.jp/
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道雑記 
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
他業界の視点です。
こんにちは、つっちーです。v-410
今回はこちらのブログに書き込みさせていただきます。

今回の件、建築的な側面から考えると、飲食店の場合、一定規模以上の建築物になるとバリアフリー法(略称)の適用対象になります。

また、東京都では「福祉のまちづくり条例」と言うものがあり、飲食店だとバリアフリー法の1/10程度の建築物からエレベータの設置などの基準に適合させる義務があります。
他の県や市でも同様の条例があるはずです。

よくあるのは、コスト削減や店舗面積の確保などのため、確認申請時の設計では基準に適合させているけれど、実際の建築時にはエレベーターなどを設置しない。などがあります。
この場合、行政の完了検査はまず受けません。

以前、東横インv-103のハートビル法(現、バリアフリー法)などへの違反がニュースになりましたよね。(こちらは、完了検査後に改造)

僕は施設の充実度もさることながら、従業員の方の何気ない心遣いにバリアフリーを感じる事が多いです。
もっと、世の中がv-260ハードと同じくらいv-238ソフトを重視するようになると良いですね。
2008/01/27(Sun) 15:55 | URL  | つっちー #-[ 編集]
つっちーさん
コメントありがとうございます!

そうか、つっちーさんは建築関係の方ですものね。
それも、設計は本職ですもんね!
その方からのコメント故に説得力ありますが、逆に現実を少し垣間見たようで、ショックなところも…
“行政の完了検査”は、しなくちゃいかんですよね?

“従業員の方の何気ない心遣い”というバリアフリー
それは素敵なことだと思います。
あの店舗の従業員もそういう気遣いがあればいいんでしょうが、日記に書いたようなアホなスタッフでしたからねぇ…v-399

私も、形ばかりではなく、もっと人が人と関わる中で生まれる優しさが多くなる世の中を期待します。
私もそう心がけなくては…ですね!
2008/01/27(Sun) 23:45 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。