武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年06月02日 (土) | 編集 |
声優さんが変わって、このフレーズで物真似する人もだんだん減ってくるのだろうなぁ…

“ドラえもんの「最終回」を同人誌に勝手に制作・販売した男性、小学館&藤子プロに謝罪”

ドラえもんの最終回は、一部都市伝説化(?)して、ネットなどに流出していた。
それも結構前ではなかったか?

この男の笑うのは、作風のみならず、ストーリーの元ネタまでが、ネットで広まった最終回の“パクリ”であるというところ。

どれだけ人のふんどしで相撲とってんだ!という感じ。

それで、500円程度で販売して、13,000冊程度の売り上げがあったらしい。
単純計算して、6,500,000円の売り上げだよ…(にしおかすみこ風)
TVで見たけど、学校で教材として使いたいなんて問い合わせまであったというから、この男、模写する力は高かったということだろう。

最近、ニュースなどで騒がれた、北京市郊外にある、国営遊園地「石景山遊楽園」の著作権侵害問題。
ここでもドラえもん、しっかりパクられていました。

故、藤子・F・不二雄 先生もざぞやお嘆きでしょう。

なんて思っていた時に、ふと疑問が…
藤子・F・不二雄 先生は既にお亡くなりになっている。
著作権は相続されたのか?
それとも、生前に譲渡(もしくは、贈与)されたのか?
その場合、税金の扱いはどうなるのか?

ちょっと調べてみた。
著作権の相続をした場合、相続税がかかるらしい。
財産評価基本通達」によると、評価額の算出方法は、以下の通り。

(著作権の評価)

148  著作権の価額は、著作者の別に一括して次の算式によって計算した金額によって評価する。ただし、個々の著作物に係る著作権について評価する場合には、その著作権ごとに次の算式によって計算した金額によって評価する。(昭47直資3-16・平11課評2-12外改正)
  年平均印税収入の額×0.5×評価倍率
 上の算式中の「年平均印税収入の額」等は、次による。 (1)  年平均印税収入の額
 課税時期の属する年の前年以前3年間の印税収入の額の年平均額とする。ただし、個々の著作物に係る著作権について評価する場合には、その著作物に係る課税時期の属する年の前年以前3年間の印税収入の額の年平均額とする。
(2)  評価倍率
 課税時期後における各年の印税収入の額が「年平均印税収入の額」であるものとして、著作物に関し精通している者の意見等を基として推算したその印税収入期間に応ずる基準年利率による複利年金現価率とする。


評価倍率に曖昧さを感じるが、一応、評価基準があるらしい。

私のようなFP資格取得者においても、有形財産だけではなく、このような無形財産についての知識も知っておいても良いと思う。

著作権関連、結構複雑なので、かなり割愛して書かせてもらうが、著作権の保護される期間は、著作者の死の翌年より換算して50年である。
また、他の知的財産権と違って、特許庁への申請は必要なく、著作物を創作した段階で権利が発生する。

また、法人が著作権を取得した場合は、「死後」という訳にもいかないので、「著作が世に出てから」50年の保護期間ということのようだ。

すると…

ドラえもんが発表されたのが、1969年(昭和44年)。
おぉ!私の生まれた年に発表されたのか!
という事は、法人が著作権を持っていたとすると、あと12年でドラえもんの著作権は保護対象からはずされる計算になるなぁ…

そんなもったいない事を企業はしたがらないから、藤子・F・不二雄 先生のお亡くなりになった後50年にしているのかなぁ…?
すると、遺族の方が相続したのか?
それとも、遺言で藤子プロに…?(それでは、法人取得の著作権扱いだよね)
もし、遺族の方々が相続していた場合、遺族の方、相当の相続税を支払ったんじゃないかな?
まぁ、そんな下衆の勘ぐりはさておき…

財産を扱うFPの端くれとして…
著作について関わりを持つ広告業を営む者として…
もう少しこの世界を勉強してみたくなった。

カッ!



☆ゆう坊's other sites☆
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/
合気道S.A.戸田
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/aiki/top.htm
合気道雑記 ※5/30更新
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
すごい・・・\(◎o◎)/!
ゆう坊さん!FPやん!(笑)
いやぁ・・・勉強になりました(^^)
>著作物に関し精通している者の意見等を基として
って・・・基準は人の意見なんですか?
確かに曖昧ですよね~^^;

レジュメ作りに著作権はつきもので、かなり神経を使います。
製作元さえ表示すれば引用OKなところもあれば、引用は一切禁止!というところも!
賠償請求なんかされても、支払えないし・・・^^;
ゆう坊さん!しっかり勉強して、教えてくださいネ~(*^_^*)
2007/06/02(Sat) 21:23 | URL  | BYSプランニング 黒木亜美 #-[ 編集]
黒木さん!
いえいえ、まだ殆ど調べられていませんが…
客観データは基本的に著作権は発生しないようですが、その配列や表現などに創作性があると著作物になるようですね。
電話帳などもそうみたいですね。

それにしても、最近の私のブログは暫くアホな事ばかりでしたので、調べるの疲れましたよ。
これからは、初心に戻り、少し真面目な話も書いていこうと思います。
忙しいと、どうしても裏を取らなくてよい、ゆるい内容を書いてしまうんですよねぇ…
2007/06/03(Sun) 20:45 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
ん~著作権っていろいろですよね。僕の場合は、放送を研究の対象としているので、今あるWeb上の動画コンテンツを放送に乗せるとDRM(デジタル著作権管理)にひっかかるかが興味あります。
実は、ニコニコ動画のように動画の上にのっかってるコメントにも著作権があるんですよね。番組内のテロップはコンテンツの一部とされているんで、驚くことでもないと思います。もしも、ニコニコ動画のようなコンテンツを放送にのせるとしたら、コンテンツとコメントをどういうふうに課金していくかなどを考えないといけない。

そう考えるとテレビも捨てたもんじゃないなって思いましたよ。広告もインターネットとクロスメディア化する流れが本格的になっているようで、面白そうじゃないですか。
広告業界のこと、マジで聞かせてください。
インターンでH報堂応募しようと思ってるんで。
2007/06/03(Sun) 23:33 | URL  | 電車 #NtRWEAWo[ 編集]
電車へ
web上の動画コンテンツがDRMされてる場合は、ある程度の複製抑制がかかっているんだよね?(よく分からないけど)
それを放送へ流用できるかはよく分からんけど、著作物であれば、著作者が権利を主張したら、その主張は認められちゃうんじゃないのかな?
その放送が、非営利目的で、使用者より対価を得ていないものならば、許諾の必要がないらしいけど、現在の知識では断言できないないよ…ゴメンね。

誰か分かる人がいたら、聞きたいところだね。

Hにインターン応募考えているんだ?
大手さんのやることは、私にはスケールが大きすぎて、参考になるか分からないよ。
まぁ、それでよろしければ…
と弱気な私。v-355
2007/06/04(Mon) 11:29 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。