ファイナンシャルプランナーGUNちゃんの色々日記です!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年01月12日 (金) | 編集 |
最近、「特」という文字を見ると、目が止まってしまう!
なぜか「特命」を期待している自分がいるのが怖い…

日付が変わり、12日(金)は只野仁のOAである!
楽しみだなぁ!

さて、先日放送の「白虎隊」を見た。
歴史好きの私にとって、時代劇も例外ではなく、結構見ている。
その日も仕事でいなかったので、ビデオにとって先日見た。

面白かったなぁ!

うまく言えないが、今のようになんでも自由だ!なんて言っている時代よりも幸せだったのかもしれない…なんて思うことがある。
白虎隊の時代背景や当人達に降りかかった不幸は残念な出来事だと思う。
ただ、自分達が何を信じて何に向かえばよいのかが明確だったような気がして…
実際の江戸時代、幕末の武士は時代劇通りにストイックに生きていたかどうかは知らない。

しかし、時代劇で見せるあの世界観は、つい涙してしまう。

何故なのだろう?
少し考えてみる。

愚直なまでの一途さが、その一因であることは言えるかもしれない。
信じるもののために、頑なに己を貫いていく。
潔さ、品の良さを感じてしまう。

私は、本当はこう言う生き方を望んでいるんだろうなぁ…

現代、多様化する価値観の中、何を拠り所にしていいのか悩んでいる人が多いのではないだろうか?
そう考えれば、多少窮屈でも信じる指針がある武士の方が迷わずに済むのではないだろうか?

などと、都合のよい解釈をしながら、あの時代に、自分の身を置いてみることを想像したりする。

この前、「武士道が流行っているが、お金儲けをしたければ、武士道より商人道」と立ち読みした本に書いてあった。
武士道ブームに対してあえて反対のワードを使い、我々の不協和音をくすぐり印象付け、それなりの話で納得をさせる。
まぁ、説得する上でのベーシックな手法でもある。
内容的には、確かに納得のいくものだったので、それを否定はしない。
いや、この説を採る立場で話を進めるなら…

私にはお金儲けは出来ないかもしれない…
武士道なんてちゃんと調べたこともないし、恥ずかしながら、新渡戸稲造氏の著書を読んだこともない。
しかし、商人道よりは武士道を歩みたい。

気品を大切にし、卑怯なことはしない、周りから見たら愚直なまでに己を貫ける精神に憧れる。
お金が入れば、ズルをするような、セコイ行き方だけはしたくないんだよなぁ…

私の結婚式でも話したのだが…
“粗にして野であるが卑にあらず”

白虎隊を見たばかりの興奮状態で、こんな青い事書いてたら、今年も会社経営苦労しそうだわ…(笑)



☆ゆう坊's other sites☆

有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/
合気道S.A.戸田
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/aiki/top.htm
合気道雑記
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。