ファイナンシャルプランナーGUNちゃんの色々日記です!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月13日 (水) | 編集 |
こういうプライドを持つ人、私は嫌い

①「○○さん知ってるよ!」等と、他人の実力を自分の実力に見せようとするヤツ
(お前が偉い訳ではないだろ!)
②見栄・意地をはるヤツ
(何で、「ゴメン」や「分かりません」と言えないの?)
③自信のなさから、昔の栄光にしがみついて、他人を攻撃するヤツ
(今日は、この件で書かせてもらう)

プライドを持つ事は否定はしないし、ある状況下では必要な事だとも思う。
私は、それすらニュートラルにいければと最近思ったりもするが、プライドを持たなくてはどうにも前に進まない事もあるので…ね?
しかし、そのプライドも、持ち様によっては、どうにも悲しい事になる。

今日は、「③昔の栄光をいつまでも引きずっているヤツ」について、先日の体験を交えながら話をしたい。



先日のクラス会で会ったヤツ(女性)の話(仮にAとしよう)

Aの隣のヤツと話をしていたのに、Aが話しに入ってきた。
Aは、私のクラスメートで、中学時代はそれなりに仲良くしていたヤツだった。

そして、そのAが何やら語り始める…

Aの子供と同級生(女性:仮にBとしよう)の子供の学校が同じらしく、子供同士の仲が良いらしい。
それで、そのBとも、中学時代以来、子供を通じて交流が始まったらしい。

ただその交流、Aの中ではわだかまりがあるようだ。

AとBは、私の同級生でもあるので、2人のことは知っているし、中学時代にどういう関係だったかも知っている。
まぁ、Bはどちらかといえば、馬鹿にされる対象というか、いじめられると言うよりは、ちょっと面倒くさい、嫌われ系のキャラであった。

それで、AはそんなキャラであったBと、子供つながりとはいえ、親しくしている自分が許せないようだ。
聞くところによると、BはAの事をファーストネームで呼んでいる様だが、AはBの事を○○ちゃんママと呼んで、彼女を名前で呼ぶのを意図的に避けているらしい…
Bの事を名前で呼ばないのは、Aのプライドだそうだ…

話を聞いていて、この時点で私は不愉快になっていた。

私も周りも呆れていたが、とりあえず愛想笑い…
その愛想笑いを見て、何を勘違いしたのか、彼女のテンションは上がり、まだまだ話し続ける…

Bを自分の家には上がらせるけど、Bの家には上がらない(逆だったかな?)らしい。
それも、Aのプライドらしい…
一体どんなプライドだよ…

A本人の中では、Bより立場が上(立場って何の?)であった印象があるようで、今そのBと同じ目線で接しなくてはならない自分を許せないみたいだ…
「子供達が仲が良いから…」と繰り返す。
我々に何の言い訳をしているんだ?

私が「今更何いってんの?」みたいなことを言うと、Aはムキになって、当時、いじめられキャラの名前を出し「○○や××に“おう、岩本!”とか言われたら許せる?」と言ってきた。

ハァ???

この人は、何を言ってるの???
許せるも何も…
そんな事、当時ならともかく、今となっては考えた事もないって!
普通に、人と接するのに礼を欠いていなければ、そりゃ「許す」でしょ?
って、そもそも、「許す」ってなんだよ!
そのAの感覚が、私には全く共感出来ない!

だから、普通に「気にしないよ」と言ったら、あと数人名前が挙がったが、私の答えは一緒である。
そうしたら、納得のいかない顔をしていた。

不愉快さは頂点に達する!

私は、「早くこの場から立ち去りたい」と思うばかりで、タイミングを見計らっている。

同窓会は、私にとってメチャクチャ楽しいタイムスリップできる瞬間である。
その集まりをくだらないプライド話で水差しやがって!

お前はどれだけ大物気取りなんだよ!

ハッキリ言うが、当時のお前は、大物感ゼロだったぞ!
女友達からは、当時Aからの被害報告は聞いてはいるから、それなりに「いじめる側」にはいたのだろうが、学年・学校通じてAは、自分が思うような立場では、周りから見られてはいない。
ただでさえ、不愉快な話なのに、小物に大物ぶった態度とられてもねぇ…(こんな事書いたら、私も同じ発想だな;笑)

当時の事を持ち出すなら、私の方がAより圧倒的に有名人だったっちゅうの!
ある意味、ツッパリくん達よりも、私の方が存在感があったっちゅうの!
ただ、スケベとか、大食いとか、タオルを首に巻いているとか、冬でも半袖・半パンで過ごすとか、ロクな内容ではないが… 笑

コメントをくれる数少ない同級生の「東の横綱」さんよ、Aと私、どちらが存在感あったかね?
※いや、変な事は暴露しなくていいからね… 笑

と、こんなこと確認したって何の意味もないだろう?
どれだけAがアホなことを気にしているのかが、分かろうというものだ!

ハッキリいって、Aなんて私から見たら、特別な印象もない、ただのクラスメートである。
そんなヤツが、同級生をつかまえて「プライドがどうの」とかいうこと事態が不愉快きわまりない!

そして、いい年して当時の序列(だから、何の?)や関係にしがみついている姿があまりにも哀れである。
それを恥かしげもなくクラス会で自慢げに話をするのだから、神経を疑うとしか言いようがない…

中学を卒業してから、何年経った?
その間に、何を学んできた?
誰とどんな関わりを持ってきた?
どんな幸せがあった?
どんな辛い事があった?
それをどう乗り越えた?
積み重ねた経験から、新しい自信を生み出してきたのか?

言い過ぎかもしれないが…

彼女の経験の全てを疑ってしまう!

中学の時のつまらん上下関係を心の拠り所として、その“不毛な”プライドを後生大事に持ち続け、それを20年以上も経った今、その関係を持ち出し、プライドだなんだと言うことが、どれだけ的外れで、進歩のない恥かしい事なのか…
Aには分からないのだろう。

薄っぺらい経験と自信しか身に付けられなかったんだろう…
だから、中学時代の栄光(?)に頼らなければ、今の自分の自信・プライドが維持できないのだろう…

悲しい人だ…

世の中にはこういう人もいる。

それは、頭では分かっている。
しかし身近に…
いや、最高に楽しいタイムスリップをさせてくれる同級生の中にいたことが凄く悲しかった…

いや、子供がらみで、自分が苦手としている人と付き合わなければならない事はあるだろう。
それに関して何か言っている訳ではない。
つまらんプライドを持って、それを自慢げに話をするAの感覚がどうしても共感できないと言っているだけで、誹謗・中傷をするつもりもない。
その辺り誤解しないで戴きたい。


プライドの持ち方を誤ると、こんな悲劇(傍からは喜劇?)を生む結果になってしまう恐ろしさをAと久しぶりに会うことで感じた。

この嫌な思いを忘れずに、常に自分の振る舞いも省みていかなくてはならないだろう…

先の出来事は不愉快だったが、ちょっとの時間だったし、これもいい経験だ!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
プライドというより
ずっと根にもつタイプ
なのかなと思いました。

子を持つ親の立場にたつと
ちょっと怖い話ですね。
2006/09/13(Wed) 20:19 | URL  | ねろねろ #-[ 編集]
ねろちゃん
コメントサンキュー!
長い上に、愚痴っぽくなっちゃったよ。

根に持つにも、自分が何かされた訳ではない。
悲しいかな、中学卒業後20年強の過ごし方が知れるというものよ。
まぁ、その彼女をいじめても仕方がないか!

話は変わって、ねろちゃん、好二郎さんの旅行行くの?
2006/09/14(Thu) 00:35 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
くだらんねぇ(笑)
私は中学で いじめられた事もあったけど
その頃の友達とは めっちゃ仲良しだわ・・・
今じゃ ネタにもなってる
時間って なんでも風化して美しい思い出にしてくれるモノだと思ってるけど
その方は 違うのね・・・
なんか そんなココロの狭い人だけには なりたくないわ・・・(笑)
過去のあやまちを 笑って許せる人でありたいね
2006/09/14(Thu) 10:47 | URL  | ☆桂っち☆ #-[ 編集]
☆桂っち☆
本当にそうだよね。
いやぁ、20年以上も前の話にこだわり続けていることに驚いたよ。
プライドって、時には足枷にもなるから気をつけないとね。
2006/09/15(Fri) 11:01 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
全く同感ですね。
非常に不愉快な話です。
多分,私もぶち切れて言い合いになること必至です。
親がそうでは,子どもは絶対ひねくれた性格になっちゃうと思いますね。
2006/09/15(Fri) 20:00 | URL  | 豊田龍彦 #-[ 編集]
豊田さん
ホントに、子供は、優しいまっすぐな子に育ってほしいものです。
ただ、子供の前では向こうの母親の悪口を言っていない感じなので、それが、せめてもの救いです。
2006/09/16(Sat) 00:31 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
Aとは長い付き合いだけど、私の中で理解できない部分はやっぱりこのプライド。同窓会に来るメンバーを聞いて彼女が口にするのは、
「雑魚ばっかじゃん。」
誰が「雑魚?」何を基準にしてそんなこと言うの?
悲しいよね。

昨日は小学校の運動会。Bとも会っていろいろ話をしたよ。中学校時代いやな思いをたくさんしていたのはB。それを見ているだけだったのは私。でも、そんな私にもニコニコ笑顔で、「仕事頑張ってね」って言ってくれたよ。

誰にでも平等にあるものは「時間」。この「時間」をAみたいに過ごして大人になるのか、Bみたいに過ごして大人になるのか。すごく大事なことだよね。
2006/09/17(Sun) 11:28 | URL  | 東の横綱 #-[ 編集]
横綱
横綱の子供達もBと同じ学校なの?
ちゅうことは、Aも同じなのか?
だから、横綱は同窓会の度に、Aに声をかけていたのね!

それにしても「雑魚」とは言ってくれるよね! 笑

だから、Aは何を勘違いしているんだって!
彼女の物差しは何が基準か想像はできるし、その基準に従ったとしたら、当時のAが逆にその雑魚の印象であるけどな…
同性の横綱から見ると、Aって私のイメージと違うのかな?

だって、Aは不良でもなければ、勉強が出来た訳でもない。
スポーツで何かを残した訳でもなければ、オモシロキャラでもなかったよ。
ましてや、綺麗でモテたと言う訳でもないし…

クラスで影響力のある娘とつるむ「虎の威を借る狐」の印象しかないぞ!
そんなヤツに「雑魚」扱いされるとは…

いやぁ、参った!参った! 笑

まぁ、Bのことは、私もよくからかったけど、すっかり成長しているのね。
まぁ、あいつは図太いところがあるから、今もどうだか分からんけどね!(笑)

我々は、嫌でも歳を重ねるんだから、Aではなく、Bのような歳の重ね方をしたいもんだよね。
2006/09/17(Sun) 14:06 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。