武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年08月28日 (月) | 編集 |
23日(水)金沢より輪島に入る

輪島は、私の父親の生まれ故郷である。
近くに能登空港が出来たとはいえ、空港までは時間がかかる。
そして、鉄道は廃線され、輪島に入るには公共の手段ではバスで行く他はなくなっている。

中心街は、1~2時間も歩けば殆ど見て取れるくらいこじんまりとしている。

もう、父親の実家に誰も住んでいないし、父親の姉妹は誰も輪島には住んでいない。
父親の従弟が住んでいる程度である。
ちなみに、誰もいないし、ボロボロであるが、実家はまだ残っている。
去年の写真だが、その前で撮った写真。
wajimajikka

さて、その輪島では、輪島大祭「キリコ祭り」がある。
去年は、カミさんの仕事の都合で見ることが出来なかったし、一昨年は日程が会わずに見ることが出来なかった。
その前は、暫く輪島には行けなかったので、子供の時に見たのかもしれないが、私はキリコ祭りの記憶が殆どない。

だから、今年はキリコ祭りを見るのを楽しみにしていた。

「キリコ」とは、直方体の形をした山車(だし)の一種で、これに担ぎ棒がつけられている。切子灯篭(きりこどうろう)をつづめた呼び名で、切篭(きりこ)と書く。
奥能登ではほとんど「キリコ」と呼んでいるが、中能登では「オアカシ(お明かし)」とか「ホートー(奉燈)」とも呼ぶそうだ。

神輿のお供として、道中を練り歩き、夜には中に明かりが灯り、大きな「行灯」となる。現在は高さ4~5mのキリコが多いが、中には高さ15~16m、100人以上で担ぐキリコもあるそうだ。

そこで、輪島のキリコ祭りは…
3日にわたって、4地区の神社の祭礼が行われる。
神輿がキリコを従えて渡御したあと、若衆が火を付けられた柱松明の頂上にある3本の御弊を奪い合う。
本場輪島塗の豪奢なキリコが数多く集まる。

まぁ、こんな感じ
kiriko2

ラインナップ
kiriko1

地元の若者は、ここ一番といわんばかりに元気に参加していて、はじけていた!

私は、キリコの豪華さもそうだが、子供が叩く太鼓が印象に残った!
太鼓ってカッコイイなぁ!
私も太鼓を習いたくなってしまった!
いや、習おう!
もう少しお金を稼いで太鼓を習おう!

まぁ、輪島でも子守役になってしまった感もあり、子供達を締めつつ、楽しんでいた。

24日(木)は、温泉に入ったり、海に行ったり、千枚田を見に行ったり…
こんなに見どころがあったのと言うくらい色々行った。
海では、私が子供の頃に浮き輪一つで投げ込まれた岩場があって、なかなかの荒くれたところであったのに、今更ながら驚く…
今、あそこに入りたくないなぁ…
怖いって!(笑)

そんな中、岩場からダイビングをしている中学生(高校生?)数名がいて、田舎の子供は逞しいなぁ!と感じさせられる。

夜は、父親の町内が参加する地区のキリコ祭りがあって、そちらも見に行く。

小松からちょうど一週間、いろいろあったが、田舎に行く事のお約束として、「太る」ということは、なかなか避けられない…
「若いんだから食え~」
「遠慮しないで食え~」
等と言われ、食べきれないほどのおもてなしをしてくれる。
感謝せねばならないことだし、ついつい食べてしまう…
今回もそれは例外ではなく、すっかり太ってしまった…

せっかくダイエットしたのに、この一週間で台無しである…
また、トレーニングをし、身体を作りながら身体を絞っていかなくては…

最後に、帰りの電車まで時間があったので、金沢駅で催されていた「吉本流お化け屋敷」で時間を潰した。
その時に、入り口にあった書き割りでの記念写真を紹介!
カミさんの方が表情もぴったりはまっているのであるが、公表できないのが残念だ…
patipati


一週間あっという間であった。
まぁ、お墓参りも済ませ、キリコ祭りも見ることが出来たし、良い旅行になった。

あとは、ご先祖様…
弊社の商売繁盛、よろしく頼みますよ!(笑)

あっ!そういえば、輪島の朝市を嶋大輔がレポートしていた!
相手の女の子は、可愛かったけど誰だか分からず…
ローカルの番組みたいなので、その女の子の名前は、恐らく分からずじまいだろう…
嶋大輔は、でかくて太かった…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
充実した一週間でなによりです。
こんど、私ら家族も
便乗させておいしいもの
案内してもらいたいです。
2006/08/28(Mon) 22:53 | URL  | ねろねろ #-[ 編集]
行こう!
ねろちゃん
是非是非一緒に行きたいね!
ただ、美味しいところは紹介するけど、割り勘だよ~(笑)

たまには、ゆっくり時間が流れる中に身をおくのもいいものだね!
帰ってくるのが嫌になっちゃったよ…

私は、都会での生活は向いていないのかなぁ…
2006/08/29(Tue) 00:42 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。