ファイナンシャルプランナーGUNちゃんの色々日記です!
2006年06月28日 (水) | 編集 |
翌日にならず、かなり過ぎてしまった…
 
先日、24日(土)に妹の結婚式があったと言うお話。
今日は披露宴を、私の周りに起こった事を中心に…


会場がどうとか、演出がどうとか、妹のドレスがどうとかいうのは、ありきたりなので、私目線での披露宴を書かせていただく。
 


エピソード①
サプライズ!…照れる!
 
私の両親は、父親が腰を痛めていて、母親がリウマチ&ヘルニアで体調を崩しているので、私が代わりという訳ではないが、新郎側の親族へ挨拶がてらお酌に回っていた。
あちらの親族と話をしていると…
「ゆういちさん…」
ん?
「お兄様の雄一さんいらっしゃいますか?」
やはり、司会者が私の名前を読んでいる!
何だか分からないが、とりあえず返事をする。
小学生バリの、手をまっすぐ上げた元気の良い返事で「ハイッ!」と。
 
「お兄様いらっしゃいましたか。新婦のお色直しはご両親と共に退出するのが通常ですが、今日は新婦の希望もあって、お兄様と退場していただこうと思います」
 
???
 
どういうこと?
相当キョトンとしている姿を多くの前で見せてしまった…
 
恐らく、私の両親が先に話した内容ゆえに、私がその代役となったのだと思う。
何だか照れくさい…
私が、妹に一言「お前バカだろ!」
全くアドリブの効かない、単なる照れた兄貴の台詞であった…
とりあえず、腕を組んで会場を退出する。
 
あとで、親戚に「何あの慌てよう、オモロイボケもないし、芸人としては三流だね!」だって。
私は芸人じゃないっちゅうの!
 
いやぁ、恥ずかしかった!
まぁ、悪い気はしないが…
 


エピソード②
配膳の女の子!
 
何だか、欠席者が出たということで、料理が余ったらしい。
それで、妹の指示らしいが、その余った分を私に回す様言われたらしい。
会場の配膳スタッフがそう言って持ってくる。
この時点で、すでに「こいつ大食いなんだろうな?」という、含み笑いが起きている。
昔から食い物関連は私が処理していたので、そういう印象が妹にはあるのだろう。
 
余談であるが…
私が小学生や中学生の時は、ハンバーガーを一食で4~5個食べていて、妹は女の子だから…という理由で、2個程度食べさせていた。
それが、我が家の常識になっていた。
常識とは怖い…
妹が高校に入学し、みんなでファーストフードに行った時の事。
注文を終えて、みんなのトレーを見ると…
なんとハンバーガーが1つしかない!
今まで、妹だから、女の子だから、年下だからと遠慮して見積もっていた“つもり”であったハンバーガーの個数が、「世の中」では多い事になっている!
妹が家に帰ってきて、「兄貴の大食いのせいで恥かいた!」と怒られた記憶がある。(笑)

さて、話を戻して…
欠席者の分の料理がどんどん私の前に運ばれてくる。
「このスープも二人前です」
やはり、若干の含み笑いがある。
その合間に、姪っ子の残した料理も処理することになる。
どれだけ食ってんだ?(笑)
 
そうしている間に、スライドが映され、各々の昔の写真が現れる。
新郎が終わり、妹のスライドに移る。
小さい時の写真は、当然私が一緒に写っている事が多い。
やはり、私の写っている写真の登場だ!
その時、たまたま、ワインか何かを配膳のお姉さまについでもらっていた。
 
その姉さん、明らかに笑っている!
スライドを見て笑っている!
「スライドの男、今ついでいる奴だ!」と言わんばかりに笑っている!
「大食いのこいつにもこんな時代があったのか?」と言いたげに(?)笑っている!
 
自分で言うのもなんだが、昔はメチャクチャ可愛くて、よく「ミルクのCMに出せ!」と言われたものだと聞いている。
確かに可愛い!(自画自賛)
 
私が、配膳の姉さんに話しかける。
「昔は可愛かったでしょう?」
姉さんは、満面の笑顔で「可愛かったですねぇ!」と答える。
やはり、含んでいるように見えたのは、考えすぎだろうか?(笑)
 
そう、昔は可愛かったんだって!
 
お姉さん、料理といい、一言といい、素敵な思い出をありがとう!
 


エピソード③
短いパンツ?
 
一通り挨拶も済ませ、今度は妹の友人関係に挨拶に行く。
2テーブルあった。
最初のテーブルに挨拶に行くと…
「おにぃ!」
妹の私に対しての呼び方である。
妹の友人に「おにぃ」とよばれる。
何だか嬉しい!
小学校時代からの友人の席だったらしく、昔からよく家に遊びに来ていたようなことを言われた。
また、「おにぃは有名でしたから…」
どういう意味で?
だって、妹とは4歳違うから、中学は同じ校舎にはいないはずなのに…
 
スターとは、どこでも輝くものであると、自分の輝きを改めて認識する(失礼…;笑)
 
それで、ある女の子が「お兄ちゃん家ではいつもTシャツと短いズボン?パンツ?を履いていた印象があるんですよ」と言ってきた。
短いパンツ?
私「それ、パンツそのもの、トランクスだって!」
そうなのである、私は、妹の友人が来ていても、下着のトランクス&Tシャツで接していたのである…
今思うと恥ずかしい…
声のでかい私は、その一言でテーブル中、爆笑になってしまった。
その声の大きさが災いし、お酌で回る度に、「私が行った時もパンツでしたよ」と行く先々で言われまくった…
先の話、みんなに聞かれていたか!!!
 
そう言えば、今でも新聞の勧誘とかの前ではパンツ姿で出る事がある…
いつどこで何を思い出されるか分からないので、リラックスタイムとはいえ、家での身なりも少し考えようかな?
 
とりあえず、2テーブルでことごとく「パンツの洗礼」をうけ、その都度、アホトークをかまして、妹の友人への挨拶とリップサービス(?)は終了!
ただ、途中「お兄さん、息継ぎをしているんですか?」とツッコまれる。
私のマシンガントークが炸裂していたようである。
妹からは、「ビデオが楽しみ」と言われている。
 
怖いよぉ…
 


披露宴も終わり、かなり疲れたが、従弟と久しぶりに会ったので、従弟の家に行って飲む。
結局、朝4時まで飲む。
今現在、体調が回復しない。もう歳なのか?
その影響で、このブログの更新も遅くなったといえる。
 
いずれにしても、良い式となってよかった!
旦那の仕事の関係で、長期出張があり、そのため、まだ妹は実家にいる。
うちの両親も、まだ、嫁に出したという実感はないのではないだろうか?
 
妹よ、これから前のように技を掛けられなくなるのは寂しいが、旦那とその家のご両親にも可愛がってもらいなさい。
 
あっ、そうだ!
技をかけるで、妹とのエピソードがあるのだが、それは機会があれば…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
あぁ 完全に GUNワールドだ!
素敵なお話しをサンキューです

そして いまだに 三流芸人だったのか・・・(爆笑)
2006/06/28(Wed) 12:36 | URL  | ☆桂っち☆ #Qi8cNrCA[ 編集]
技はカミさんだけでなく
妹もでしたか!
Gunさんのしゃべり声が
ここまで届いてきそうなブログでした!

こんど、落語でもいって飲みましょう!
2006/06/28(Wed) 21:52 | URL  | ねろねろ #-[ 編集]
ねろちゃん
落語いいねぇ!
最近は、そんな心の余裕もなく、バタバタとせわしい毎日ですよ。
好二郎さんの落語も聞きたいなぁ!
そして、ねろちゃんとも、本当にゆっくり二人で語り合いたいよ!
周りの雑音一切抜きでね。
その時はよろしうねぇ!
 
☆桂っち☆
だから、私は、三流とか四流とか以前に、芸人じゃないっちゅうの!(笑)
まぁ、「B級の魅力」と先輩に称されていた私は「永遠の三流」を貫き通すよ!
今度のBBQ、前向きに検討するよ~!
2006/06/29(Thu) 00:23 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック