ファイナンシャルプランナーGUNちゃんの色々日記です!
2006年06月08日 (木) | 編集 |
ここ数日、通勤時間帯の電車に連続して乗った。
 
私の使う埼京線は通勤ラッシュとチカン多発で有名な路線である。
私も勤め人の時、月に数回は「やめてください!」と言う声が何処からともなく聞こえてくる“チカン騒動”があったのを記憶している。
 
まぁ、埼京線の混雑は相変わらずである。
もう、人だか物だか分からない状態で車両に詰め込まれている有様は、切なくなってくる。
これでは、仕事をする前に疲れてしまう…
「私は、独立したらこのストレスから解放される」と思っていただけに、連続して朝の電車使うことはもう地獄状態である。(地獄がどんな場所か知らないが…)
 
そんな不満を抱えながら、数日乗っていて思った。
「何でこんなに遅延するんだ?」
私が利用した3日間全て何かしらの遅延事故が起きていて、ダイヤに乱れが生じていた…
「申し訳ございません…」
と、「俺のせいじゃねぇよ!」と言わんばかりの事務的なアナウンスが車内に流れる。(確かにあなたの責任ではなかった)
 
日本の電車ダイヤはかなり緻密かつ過密になっていると聞いた事がある。
ある者たちから言わせれば、それは「職人芸」「芸術」の域だとも言われている。
 
しかし、その過密さゆえにちょっと狂ったらあらゆるところに影響してしまうのではないだろうか?
少し運行ダイヤに余裕を持って、事故が起こったときには余裕を持っているところに「臨時電車」を出せばいいのでは?
保険会社が死亡率等々を考慮に入れて月々の支払保険料を決めるように、鉄道会社も、各路線や時間帯における「事故率」みたいなものを参照してダイヤを作ったり、臨時電車を用意したりしたらどうだろうか?
 
1時間当たりの発射本数が減ってしまうと、埼京線なんかは余計にすし詰め状態になってしまうだろうから、それはそれで困るけど…
 
それにしても、微妙ではあるが、ダイヤの乱れや事故が多い印象があった。
私の場合、出張になるとかなりの確立で電車に遅れが出る。
考え過ぎだろうが、そういう星のもとに生まれているのだろうか?
だから、遅延に異常な苛立ちを覚えるのか?
 
やはり、電車が遅れるのはストレスが溜まる。
事情も知らない、利用者の勝手な言い分ではあるが…
 
そして、もう一つ特に男性は思うだろうが、満員電車のもう一つのストレス…
チカン対策である。
いや、私がチカンされない様に対策するのではなく、「チカンに思われないように」対策する方である。
 
私は、肩から掛けられるビジネスバッグを持ち歩いている。
そして、満員電車の中では、チカンに間違われたくないので、両手でつり革を持つか、片方は本を読んでいたりする。
先日、こんな事があった。
満員電車だったので、先のスタイルで電車に乗っていた。
私の肩にかけた鞄が何だか揺れる…
「まぁ、満員電車だから人にぶつかれば揺れるだろう」程度に思い、気にしていなかった。
しかし、何だか様子がおかしい…
自然の揺れではなく、どう考えても人力で押しているような強さなのである。
そちらの方向に振り返ると…
ある女性のショルダーバッグをかけるのに、私の肩紐が邪魔になっているようなのである。
それで、何度も掛けなおす振りをして、私の鞄にプレッシャーをかけてきていたのである。
私は揉めたくないので、極力邪魔にならないように鞄をずらしたが、満員電車なので、動きもたかが知れている。
しかし、その彼女は執拗に何度も私の鞄を邪魔くさそうに押してくる…
さすがにちょっとムッとして振り向いて睨んでやった…
何度か、押される⇔振り向き睨むを繰り返していくうちに押されなくなった。
満員電車なんだから、ちょっとぶつかるくらい多めに見て欲しいよ…
 
しかし、その時の問題はそれだけではなかったのである。
同時に、恐ろしい事が起こっていたのである…
 
そして、それはまた明日のお話
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック