武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月05日 (月) | 編集 |
昨日の話の続き


前に勤めていた会社で…
「お前は全く使えない!」
「営業として最悪だ!」
「何で人の気持ちが分からないんだ!」
etc...
 
と、かなり上の役職の方から、挙げればキリがない程、指導の範疇を超えているんじゃないかと言うほど「愛のご教訓」を賜った事がある。
 
そして、私が辞める時に、その上司ではないが、上司を連れてクライアント周りをしていた時であった。
「お前、ちゃんとクライアントに入り込んで仕事していたんだな?」
と上司に言われた。
これって、結構馬鹿にされた発言である。
私は「当たり前だろう?」と思ったが、私の必死感がない態度に仕事をしているように見えなかったのかもしれない。(実際その件に関してはよく言われたので)
 
まぁ、「ちゃんと仕事をしていたんだな?」と言われた原因として自分で考えてみたが…
クライアントさんから「岩本さんくらい知って欲しいので、引き継ぐなら会社全体を見て欲しい」と言われて、会社を見学する事になった事のような、辞めていくものへのリップサービスというだけでは説明の出来ない事が幾つかの会社であったので、そう言ってもらえたのかもしれない。
 
それが、その上の私を罵倒(?)していた上司の耳に入ったのだろう…
後日、私の送別会でその上司は…
「岩本の良さは、人の気持ちを掴むのがうまいことだ!彼のこの能力は真似しようとしてもすぐには身に付かない!」
みたいなことを言われた…
 
何だそれ?
あなたにある時期集中的に馬鹿にされ続けた言葉は忘れていませんよ!
よく考えたら、その言ってくれちゃった上司とは殆どといっていいほど一緒に仕事をした事がなかった…(笑)
 
その方は、社内では「人情派」と言われていたが、私にはそうは思えなかった…今でもそうである。
(その理由は後日談があるのだが、そこまで言ったら悪口になってしまうし、私の気持ちの中にあればいい事なので、ここでは書かない)
 
しかし、あなたに言われた言葉で、表には出さなかったけど、どれだけ思い悩まされた事か…
自分は、価値のない者なのか…
自分は、誰からも必要とされていない者なのか…
 
私は、生意気で頑固だったから、辛い事もよく言われたので慣れているつもりだった。
しかし、この時期は本当に辛かった…
 
しかし、送別会での一言もあり、会社を辞める時にはっきり分かった!
「人の評価なんて大した事ではない!」
「あるコミュニティにおける、微々たる世界の常識の中での、一つの判断結果でしかない!
 
今でもその考えは変わらない。
このおかげで、私の性格はゆがんでしまったかもしれない…
いやいや、自分の変わり者の部分をこの時期のせいにしてはいけないな!(笑)
 
当然、人の評価を馬鹿にしすぎると「過信」に繋がるので、そのあたりのバランス感覚には気をつけていいるつもりだ。
 
議員は偉い
役人は偉い
学校の先生は聖職者である
社長は偉い
医者は金持ち
 
あまり否定はされないよね?
だけど…
 
AV女優はエロい
黒人はリズム感が良い
日本人はちょんまげ
イタリア人男性は女ったらし
ジローラモは、チョイワル(笑)
 
言いたい事は分かるが、そんな訳ないだろ!ってなるよね?
※ジローラモはそんな訳ある!
  
しかし、どちらも、ある環境のあるコミュニティが、ある一部の情報だけで得た一つの評価に過ぎない。
 
実際は違うだろう?
一部分ではあたっているが、それが全てではないだろう?
そういう評価に対しては、自信を持って反対できるだろう?
 
人の評価なんて本当にこのレベル…
最初の盗作事件においても、評価している方もこれだもの…
つくづくそう思った。
 
評価を気にしない志向を持つ事と、恥を忘れる&人の言うことに耳を傾けない事とは違うのであるが、その辺は難しくなるので、機会があれば…
 
今日は、評価に対する過剰反応をし、それを引きずるより、新しいチャレンジや次の一歩を踏み出す事ができる気持ちを持って欲しいし、自分もそうありたいという事を言いたかっただけなので…
 
そして、一応フォローをしておこう。
先に書いた、前職の上司や同僚、後輩には、本当に感謝している。
今でも、たまに…本当にたまに(笑)仕事を戴いているが、そういう関係を続けさせて戴けているのも感謝である。
何度も言うが、「評価」に対して書きたかったので、一部分だけ切り取って書かせて戴いた。
まぁ、先に書いた内容も、私からの「ある一部分から見た“評価”」と言うことで…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
私も 人の評価って気にしてないなぁ(笑)
だから 生意気と思われる事も多い。
そーすると 余計に見下せるくらいに 頑張ってるかも・・・
多分 一緒に仕事をしている 同じ年の同僚からは キツイ女、子育てしてるのかよー? 
言われていると思いますよ(笑)
まぁ 何を言われようとも 数字をあげていれば 会社では有利な立場で居られるので
全く 気にしてない
だから 可愛くないのよねぇ~(笑)
2006/06/05(Mon) 17:20 | URL  | ☆桂っち☆ #Qi8cNrCA[ 編集]
私も人の評価ばかり気にしてしまう悪いくせがあります。
たぶん自分に自信がないからなんでしょうね。
自分がさっきまで正しいと考えていた内容でさえ、先輩に言われると間違っていたように思ってしまうことさえあります。(ちょっと極端ですが・・・)
でも、本当に人の評価ばかりを気にしていると人間として前に進めないということを現在になって強く感じています。
ボロパンさんのよい部分から少しでも吸収し、今後の参考にさせていただきたいと思います。
大変興味深くよませていただきました。
2006/06/05(Mon) 21:36 | URL  | mackey #-[ 編集]
僕も人の評価を気にするタイプですが、いろいろ考えた結果、これからも人の評価を大事にしていこうと思います。やはり、自分の仕事なり何なりに対する反射として尊重したい部分が多いな、ということになりました。
2006/06/05(Mon) 23:30 | URL  | しょうた #-[ 編集]
いやいや、珍しくコメントが複数あるなぁ。
やはり、若干乱暴な内容の方が、賛否両論語りやすいのかな?(笑)
なんてね!
 
あと、タイトル間違ってた…
前日の「関係ないね!」に対して、「関係あるよね!」って感じにしたかったんですが、あのタイトルだと、逆の意味にも受け取られちゃうね。
まぁ、そのまま行きます!
  
☆桂っち☆
そうなんだ!
会社で仕事をしている桂っちは見たことがないので、キツイ女というのが想像つかないなぁ…
今度久し振りに会う時には、お手柔らかにね!
 
mackey
皆そんなものですよ!
ブログ内容とは矛盾するように思われるでしょうが、人にどう思われているかに意識の行かない奴はこれまたうまく行かないんですよ。
ありきたりなまとめですが、世の中すべからく「バランス」感覚が必要なんですよねぇ…
 
しょうたくん
コメントありがとう!
そうそう、色々考えて出した結論が大切なのよ。
そして、また失敗してよく考えて、新しい結論を出して…
お互い、そう言うことを繰り返して、良い男になっていこう!
2006/06/06(Tue) 14:57 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
こんばんは、りんごです。
ブログ、いつも読ませて頂いてます。
大変興味深い内容ばかりで、すごくおもしろいです。
体験談から社会情勢のことまで幅広くご自分の考えを書かれていて、読みながらいつも納得しちゃってます。

特に今回の内容!!!共感しました。
私は文章能力がないもので、いざ自分の考えを人に話したり文章にしようとするとうまくいきません。でもゆう坊さんのブログは、そんな私の痒い所に手がとどくいうか、世の中の矛盾してるなと感じることを変わりに上手に表現してくれているようなそんな感じがて、うれしくなります!
意味わからなくてすみません(><)。

いつも人の言うことを真に受けて振り回されてしまう私にとって、恥を忘れず&他人の言うことに耳を傾け&他人の評価は気にしないというバランスの大切さを身に染みて考えさせられました!ブログ、これからも頑張ってください!
2006/06/09(Fri) 19:50 | URL  | りんご #-[ 編集]
りんごさん
 
はじめまして!
いつもお読み戴き、ありがとうございます。
また、凄く勇気づけられる、大変嬉しいコメントありがとうございます。
 
このように仰って戴けると、駄文ながら書いてきて良かったと嬉しくなります!
「痒いところに手が届く」だなんて…
私が痒くなって、かいてもらいたくなっちゃいますよ…(笑)
 
今後も、相変わらず、生意気で好き勝手な事ばかりを書いていくと思いますが、また遠慮なく、いつでもご意見くださいね。
 
私も、最近さぼり気味ですが、ブログ頑張ります!
今後とも宜しくお願い致します。
2006/06/09(Fri) 23:31 | URL  | ゆう坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。