ファイナンシャルプランナーGUNちゃんの色々日記です!
2006年05月06日 (土) | 編集 |
格闘技が好きだぁ~!
 
昨日、PRIDE開幕戦があった!
亀田兄弟の試合もあって、凄く興奮したが、その話は私の合気道ブログで語っているので、宜しければ読んで欲しい!
http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/
 
さて、そのPRIDE開幕戦
私がここで書きたい試合は唯一つ!
坂剛
この方である!
実は、私はあまりこの方を知らないのであるが、2000年には現PRIDE王者ヒヨードルをドクターストップのTKOとはいえ、勝ち名乗りを上げた猛者でもある。(後日行った、ヒヨードルとの試合は、完敗だったらしいが)
いち早く、総合格闘技で世界へチャレンジをしてきた「世界のTK」と言われている男である。
 
昨日の試合相手は、元K-1王者マークハント
ブヨブヨの肉体には似合わない、動きの良いハードパンチャーでもある。
さて試合であるが、序盤こそ寝技に持ち込み優勢に試合を運んでいた。
一度は、背後からのスリーパーでKO寸前まで追い込んだ場面もあった。
…であるが、そのチャンスを逃がしてからは、次第にパンチをくらい、鼻血が出てつらそうな表情をする場面も見えてきた。
しかし、この男、ここからがすごかった!
マークハントのハードパンチを食らいつつも、気迫で前に出て、パンチで応酬する。
その迫力に押されて、マークハントを追い込む場面もあった。
そして、何度切られても、タックルを狙い果敢に向かっていくあの姿は「男」を見た気がした。
見ている方としては、自然、引き寄せられ、彼を応援し、体に力が入る。
決して逃げずに、果敢に勝負を仕掛けていく姿勢は、相手のハントも明らかに動揺させていた。
 
結果は、レフリーが割って入り、KO負けとなってしまった。
 
本人曰く「戦いでの負けは死を意味する」と言っていたので、今回の試合内容をどれだけ賞賛されようとも、一部しっくりいかないものがあるのかもしれないが、私は熱いものを感じた!
 
格闘技の良いところは、自分の人間臭いところも戦いの中でぶつけられる、自分との対話にもあると思う。
どれだけ見た目を繕っても、戦いが始まれば、全てのメッキが剥がれてしまう。
だからこそ、一瞬のスポットライトを浴びるために努力と生き様(大袈裟か?)を掛けて稽古をし、勝負に臨むのだろう!
 
我々の仕事もそうなのかもしれない。
本人が本気にならなくては、クライアントの心は動かないし、仕事で多くの人の気持ちを動かす事などできない。
そして、上辺を繕ったスキルや思いは、仕事が始まればすぐにバレてしまう。
実力主義で、合理的とか効率的とか言われているが、結局は人の「心」の勝負だと思う。
 
熱さがカッコ悪さに繋がる今日ではあるが、私はひとしきり熱く生きてみようかなぁ…と思う。
まぁ、実際にはどうだか…と言われそうだが、そう思わされる先日の試合であった。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック