武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月18日 (金) | 編集 |
syuusyoku.jpg

私も参加させてもらっている「さいたまキャリア・サポートステーション」からのお知らせです!

http://www.co-cda.com/zibun-univ/syukatu01.html

実施まであとわずか!

就活で悩んでいたり、さらにステップアップしたい人は参加するといいですよ!



☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道S,A.大宮
 http://aikidosa-toda.com/sa-omiya/top.htm
合気道雑記
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda
スポンサーサイト

2010年10月01日 (金) | 編集 |
今日から10月ですね。

だからと言って特に何も言うことはないのですが…(笑)

まぁ、強いて言わせて戴ければ…
私の誕生月でございます!
10月9日で41歳となります。

仕事人としては、色々な物を積み重ねてそれを生かし、自他共に育てる時期だろうと思うのですが、私に何が積み重なっているのか考えると、なんとも情けなく悔しい気持ちになりますね…
イメージした自分にはほど遠く、まだまだ暗中模索の「不惑」の年代とは言えませんね…

月も新たに、今月も顔晴ります!



さて…

もう10日くらい前の話ですが…
事業承継に強い税理士さんとお会いしてきました。
私は、相続や事業承継に力を入れていきたいと考えていたところでしたので、何かヒントになれば…と。

その税理士さんのブログに「ある書籍」の記事がありました。
今流行りの「ビジネス本」「成功本」をケチョンケチョンにこき下していると書いてありました。
それが、悪口=不快感を通り越して、笑ってしまったそうです。

私は、非常に興味を持ちました!
しかし、ブログに書籍のタイトルは書いてありませんでした。
なので、お会いした時にタイトルをお聞きして、その帰りに早速購入しちゃいました!(笑)

まだ、初めの方しか読んでいませんが…
著者の方、なかなか勝負していますね!
私は好きで、それなりに楽しんでいます。

成功本の是非は、ここでは語りません。

なるほど!
こういう考え方もあって、書籍が作れるものなんだなぁ…
こき下している書籍のおかげで書籍が出版できるこの皮肉(笑)
いやいや、世の中何でお金が生まれるか分かりませんね!



ご相談大歓迎!あなたの資産の護身術をお教えします!
 武道家FP GUNちゃんの家計の護身術
 http://officegun.co.jp/

☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道S,A.大宮
 http://aikidosa-toda.com/sa-omiya/top.htm
合気道雑記 
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda
テーマ:書籍
ジャンル:ビジネス
2007年06月05日 (火) | 編集 |
ここ数週、日曜日は仕事関係の集まりに参加させて戴いた。

会議に参加させて戴き、夜飲み会。
そこの代表には凄く可愛がって戴いていて、考え方や性格も似ている気がする。
その飲み会の席でその代表が言う
「この男(私のことです)は、この飲み会で盛り上げてもらうために飼っているんだから!(笑)」
私は、その方の性格も分かるし、信頼関係が出来ているので、全く気にせず「凄いコストのかけ方でしょう?」と他の方に言いながら、もっとかぶせてトークをする。

まぁ、会が進んでいき、少し仕事関連の話になる。
私を知っている方々は、イメージできると思うが、私はとにかくふざけた男である。
また、他の方々のような「正攻法」では勝負できないので、少し角度を変えて勝負をする。
すると、一般の方々が思うような「正論」と反対の事を行って結果を出している場合がある。
私は、自分のそういうところを知っているので、仕事の話になっても、少し相手との距離感を図りながら、小出しで自分の意見や実績を話すことにしている。
だって、少しずつじゃないと、皆、覚悟をしている答えじゃないから、納得してもらえないんだもの…

まぁ、詳細は書けないが、ある話になり、私の考えと実績を元に話をしたのだが、時期が早かった。
皆が、「それはないんじゃない?」「岩本、またバカなこと言ってぇ!」とまともに聞いていないのがハッキリ分かった。
私はそういうのには慣れている。
伝え方を間違えたかな?と自分のプレゼンを反省するくらいである。

「いやいや、結果出してますから、大丈夫なんですよ!」

と私が言っても、周りの反応は苦笑い…

しかし、その時トイレから帰ってきた代表、私の「結果を出している」という言葉が聞こえたのだろう。
帰ってきて早々に「岩本さんは、確かに結果出してるからねぇ!」といってくれた。
すると、現金なもんで、周りの反応・空気が一気に変わった。

「ただ、あれは他の人は真似しちゃいけないよね。岩本さんだからいいんだろうね」とも言われたけど…(笑)

代表、やはり私の仕事ぶりはしっかり見ていてくれたんですねぇ!
「飼っている」とか言葉は悪いけど、決してバカにしている訳ではないのが伝わるから、この方のために仕事したくなるんですよね!

その飲み会から数日して、その代表にお会いした時、「飼っているなんて言って悪かったね…」と言ってくれた。
「私も、頭髪のネタで笑い撮りすぎてしまって済みません。“もうこん(毛根)なことはしません”なんて、言ってたから、おあいこですねぇ!」
なんて、笑い話になる。

私は、本当にアホである。
照れもあって、常に真面目な事なんて言ってられない男である。(自分でいうなって?)
大学時代に付き合ってた彼女に振られた理由の一つに「いつもふざけている」というのがあったくらいだ。
しかし、その表向きの姿ばかりに目をとられずに、しっかり仕事ぶりを評価してもらえるのは嬉しいことである。



そして、先日また別の会議に参加。
その後、軽い懇親会。
そこに参加して思ったことは、やはり人に会って刺激を受けなきゃいかんなぁ…ということ。
今更というが、これって結構難しいのよ。
自分は色々な知り合いがいると言ったって、所詮は、自分とウマの合う人たちが大半で、多くは自分が傷つく相手と交流している訳ではない。
まぁ、無理に傷つく必要もないが…

そして、その会議で私が傷ついた訳でもない。

しかし、自分の知らない世界で、自分とは全く違うアプローチで結果を出している方々との交流は本当に刺激になった。
社長方が、多くの集まりに顔を出す理由の一つを今更ながらに肌で感じることとなる。



感じたねぇ…

自分一人の頭脳で実現できる世界なんて、たかだか知れているのかもしれない。
でも、自分が何かを形にするには自分の頭脳で完成図をイメージできないとツライ…
なら、自分の頭脳を刺激させる交流・接触が必要なのだろう。



いいなぁ、色々な人に会うのって!

と思った、この数週であった。



☆ゆう坊's other sites☆
有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/
合気道S.A.戸田
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/aiki/top.htm
合気道雑記 ※5/30更新
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/

2007年01月05日 (金) | 編集 |
塚原卜伝


鹿島新当流の開祖にして剣の達人!
“一の太刀”(ひとつのたち)という秘太刀を残した。
私が尊敬し、現在(今更?)興味を持っている武人である。


何故、興味を持ったのかと…?
まぁ、その前にちょっと以下のお話から…


年末年始、ちょっと目に付いたのは「開運」の言葉。
「開運」大掃除
「開運」旅行
「開運」初詣
etc.

風水だか何だか知らないけど、要は、「忙しい中、やりたくもない大掃除を“開運”という名の下に、少しでもモチベーションUPさせる」ものではないか?と、穿った見方をしてしまう。

前に読んだ、販促・集客の本に「トレントからキーワードを探せ!」「今のトレンドは、プラス要素をイメージさせるものだ!」とあった。
例えば、「売上げアップ」とか「成功」等々
要は、ディフェンスよりもオフェンスで利益を得たい時代なのだろう。

金持ちの成功談を有難がり、人の豪邸を見ながら疑似体験をしたがる一般大衆…
今も、そのトレンドは変わっていないと思う。

結局、人はプラス要素の情報を与えられなければ行動を起こさないということなのだろうか?

そんなことを思うと、先日私の行った「護身セミナー」は、ディフェンスのテーマである。
先日、私の友人にそう指摘を受けた。
彼が言うには、「間違いではないが、大衆が求めているものとのズレがあったのかも…」とのことだった。
私もそれには賛成だ!!!

現在、人を集めるには“プラス要素”のイメージするワードを使って、攻めの利益を得られるテーマにしなければダメなのだろう。

しかしである!

そのような大衆に失礼ながらあえて言わせていただきたい!
本当に愚かで、頭の悪い方々だなぁ!
武道的センスでは考えられないアホ共である!

このように私が過激発言をするには理由がある。
それが、塚原卜伝である!

次回、塚原卜伝のエピソードを交えて話をしていきたいと思う。
どんな結末で締めくくるかは、乞うご期待!(といっていいのかな?)



☆ゆう坊's other sites☆

有限会社オフィス・ジーユーエヌ
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/
合気道S.A.戸田
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~office_g/aiki/top.htm
合気道雑記
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda/

2006年08月31日 (木) | 編集 |
先週、金沢に行った時、時間があったので本屋によった。
そこで、爆笑問題の本を買った。
坂本龍馬の手紙を彼らなりに語っていく内容になっている。

幕末の奇跡ともいわれる、坂本龍馬。
私も、あの思考の自由・柔軟さと行動力は憧れを持っていた人である。

まだ、全て読み終えたわけではないが、ちょっと面白い内容があった。

「坂本龍馬は、負けを受け入れられる強さがある」
「負けを受け入れないと、勝つまで戦わざるを得ない」
「一端は負けるけど、そこからお互いを理解して妥協点を見つければいい」

まぁ、こんな内容であった。

う~ん、凄く共感してしまった!

「負けを受け入れられない」人は、我々の周りにも結構いるのではないだろうか…?
今のプライドや感情を抑えきれずに、目先の勝ちにこだわり続ける。
だから、妥協点を見つけたり、一歩ひく事がない…
それでいて、自分では「一歩も引かずにいる自分」を気に入っているところが哀れである。
残念ながら、私の周りにも、数名思い当たる方がいる。

また、負けを受け入れられない人にありがちなのは、「自己反省」をする気持ちが希薄であるという点である。
確実に負けているのに、受け入れられないので、勝つために色々な理由付けをして、終いには相手を攻撃し始める。
本当に愚かだと思う…

私の知人が言っていた。
「そこまでして守りたいものは何なのだろう…」
なるほどね!(笑)

先の本でも書いてあったが、どこかの国を攻撃している、自称「世界の警察国家」の某国と同じである。

そんな私は…?
つまらないこだわりを持たずに、建設的に前に進めるように努めたいと思ってはいるが、小さなプライドが邪魔をしてしまうことが多々ある。

裸の王様にならないように、原理原則を常に意識して、時には負けを受け入れる心の余裕(なのか?)を持ちたいと思う。

恐らく、坂本龍馬は、そんな事すら考えず、自然に「負けを受け入れる」ことができたのだろうけど…
もっともっとニュートラルに…

私は、龍馬がこの世を去った年齢を既に過ぎてしまった…
しかし、龍馬への道は遠いなぁ…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。