武道家FP GUNちゃんの“家計の護身術”ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年01月02日 (月) | 編集 |
久し振りの投稿ですね!

ネット年賀
おけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さてさて、タイトルのお話ですが……

今日、1月2日は、亡きお袋の誕生日なんです。

そんな事もあり、毎年1月2日は、お袋の墓参りに行くことにしています。
当然、今日も行く予定をして準備をしておりました。

ただ、ちょっと年末年始のダラつきムードの中でしたので、今朝も、寝坊気味で朝がスタートしました。

墓参りの前に、シャワーを浴びて、風呂から出てくると……

カミさんが、、、
『さっき、不思議な事があったよ』
というんです。

何かと聞くと、

『台所で、色々やってたら、急に“Happy Birthday"のオルゴールが流れてきたんだよ。』
『触れてもいないし、上から何かでおされる様な置き方もしていないのに……だよ』
って。

その音源は、次男坊が保育園で誕生会の時(10月)にもらってきたものらしいのですが、なぜ、今頃急に???
何もしていないのに鳴り出した???((((;゜Д゜)))

カミさんは、今日誕生日の、うちのお袋を真っ先に思い浮かべたようです。(〃∇〃)
そして、怖がる感じもなく、嬉しそうに話をしてくれました。

お袋もせっかちでしたから、午前中ゆっくりしている我が家に対して、
「早くお墓参りに来なさい!今日は私の誕生日よ!」
と催促してきたのかもしれません。wwww

お袋の野郎!
実の息子にアピールしないで、なぜカミさんに催促するかね?(笑)

そんな今年のお袋の誕生日でしたので、今日の墓参りにはケーキを買って、墓前に供えました。
喜んでくれたかね???
1483332183683.jpg  1483332192259.jpg

私も、40代後半で、50歳近くになってきましたが、お袋に今でも色々話を聞いてもらいたいことがありますわ…www
カミさんや親父とは違う何かがお袋にはあったりします。

恐らく私の妹も、私に色々話をしてくれますが、お袋に話をしたかったことが、今でも一杯あると思います。
例えば、子育て一つとっても、私も妹も、自分の子どもが生まれてすぐにお袋が逝ってしまったので、子育てに関しての相談は丸っと出来ないまま、逝っちまってますからね……

そんな事を思うと、いい年をして、寂しくなる時もありますわな……

お袋よ……
今度は、俺の方に出てこいよ!
頼むぜ。

ということで、1月2日もあと少しで終わっちまいますが……
お袋、Happy Birthday!\(^^)/



☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道S,A.大宮
 http://aikidosa-toda.com/sa-omiya/top.htm
合気道雑記
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda
スポンサーサイト

2013年05月13日 (月) | 編集 |
日付は変わってしまいましたが、日曜日は「母の日」でしたね。

うちのカミさんも、贈るだけの側から、贈られる側にもなり、我々もそんな年になったのかなぁ…なんて、ここ数年感じております。

私のお袋は、亡くなってから、今年の5月で4年になります。
急だったので、今でも、整理がついたようなつかないような、なんだか変な気持ちです。

私は、今日は仕事でしたが、その仕事場所が、お袋の亡くなった病院の近くだったんですね。

お袋が亡くなる前に、何度か通った道で、正直、あまりいい思い出のないというか、この風景を見ると胸がギュッとするというか…
いまでも、あの時の辛い気持が蘇るんですよね。

今日は、いみじくも「母の日」です。

カミさんに、その話をしたところ
「そういえば、お義母さんは“母の日だけ”祝ってくれたらそれでいいわよ”と言ってたなぁ…」
と、ポツリ…

お袋のヤツ、母の日に俺を亡くなった思い出(?)のある地まで呼びやがったな!(笑)

生きてる時から仕切り屋のお袋でしたが、こう導かれるとは参りましたわ!

偶然なんでしょうけど、こういうこともあるのかなぁ…なんて。



また、お袋がらみで思い出すことがもう一つ。



お袋が亡くなる年の「母の日」
同じく、私は仕事のため、入院している病院へは行けず、翌週にお見舞いに行ったんです。
そして、そのお見舞いの一週間後……
お袋は、急変して亡くなりました。

今年のスケジュールも、なんか似ていて。
母の日=仕事
翌週=墓参り予定(次の日曜日は仕事でNGのためこの日に)
翌々週=命日(日付に若干のずれはありますが…)



おいおい、お袋よ…
そろそろ忘れる頃だろうって、主張してきたか???(笑)
なんか仕掛けて、思い出させようとしやがって!



忘れたりしねぇから、安心しろって!



長男が話をする姿を見せたかったなぁ…
二人目も生まれたんだぜ!



アピールするなら、一回くらい出てくりゃいいのによ!
そしたら、二人目も抱かせてやるのになぁ…



親になったことで、また違った親のありがたみを知った気がした矢先に逝ってしまったからね。



4年経った今でも、思い出すとたまらんねぇ…
とんだマザコン野郎だなぁ…俺



母の日、皆さんはどのように過ごされましたか?

とりとめもなく、今日はこの辺で。



私、ファイナンシャルプランナーなんです!!!(笑)
そんな岩本が制作に関わっています!
FP資格を取得したい方には必須アイテムですよ!
詳しくは、バナーをクリック!




☆ゆう坊's other sites☆
合気道S.A.戸田
 http://aikidosa-toda.com/
合気道S,A.大宮
 http://aikidosa-toda.com/sa-omiya/top.htm
合気道雑記
 http://blog.goo.ne.jp/aikipanda

2009年07月15日 (水) | 編集 |
WBC世界バンタム級タイトルマッチ
チャンピオン長谷川穂積
1R 2分28秒 TKO勝ち

見事、日本人歴代2位となるV9を達成しました!

おめでとうございます!

試合後のインタビューで…
「“今回の試合は、母親に元気を上げる為だけの試合”と会長に言われて、そのつもりで戦った」
と言ってましたね。
チャンピオンのお母さんは、現在がん闘病中。

そして、母親に向けてはにかんで一言
「よかったやろ?」

お母さん嬉しいだろうなぁ!

<試合後インタビュー>




これを見て…

私は、先日亡くなった母親に親孝行できたのだろうか…?
喜ばせる何かをしてあげられたのだろうか?
俺は何をしてきて、なにをしているんだ…



何か考えちゃいました。

ここの所、母の話ばかりだなぁ…

2009年07月12日 (日) | 編集 |
お袋の七七日(四十九日)法要を終えてきました。

私のお袋への思いは、前回の日記で書きました…
http://officegun.blog28.fc2.com/blog-entry-427.html

お墓の前で読経してもらう形式を考えていたので、この梅雨時、雨が心配でした。

お袋の告別式、出棺の時に豪雨と言ってもいいくらい、叩きつけるような雨が降りました。

お袋の初七日、結構な勢いの雨が降りました。

ここの所雨も多かったので、七七日大丈夫かなぁ…と思っていました。

本日、朝のうち曇り。夕方から雨のような予報を聞いていました。
午前中の法要は大丈夫そうだ!
期待するも、準備の段階で、少しポツポツと額に当たるものが…

雨か…???

しかし法要が始まると、信じられないくらい快晴になってしまった!
暑い…、いや足の甲が熱い!
軽く日に焼けたんじゃないかな?

まさか、こんなに晴れるとは!!!

その後の会食(お斎)の席の挨拶でも言わせてもらいましたが…
「今まで泣いてもいいけど、今日(七七日)からは、笑顔(晴れ)で過ごしなさい!」
と、お袋が言っているのかもしれません。



と言ってはみたものの…



いやいや、頭では分かってますよ…

でも…
覚悟の出来ていない者が、急に襲ってきた大切な人の死を受け入れる…
それがどれだけしんどいことか…
覚悟が出来てたって、大切な者の死はつらいと思うのに…

他人に味わって欲しいとは思いませんが、これが想像以上に辛いです…
その「覚悟がなかった」ということに逃げている自分もいるかもしれませんが、分かっていてもそこから抜け出すのがとてつもなくしんどい…

まぁ、お袋の死を通じて私の意識に大きな変化が起きたこと…
・神仏を一切信用しない(敬う気がない)
まぁ、今までもそんなに信心深くはなかったですがね(笑)



どこか歪んでますね…
当たり所も間違っているのでしょうね?

これも、頭では分かっているんですが…

自分の気持ちがクリアになるまで…
まだまだ時間がかかるかもしれません…



四十九日を終え、尚更思いが強くなる…
お袋に会いたくて仕方がない…
なぜ死んでしまったんだろうなぁ…

出来ることなら…

1日だけでいいから…

お袋が生き返って、目の前に現れてくれないかと思う事がある。
そして、お袋とゆっくり話をしたい…

なんて、四十を迎えるオッサンが子供じみたことを考えてみたりしてしまうが、あの世は居心地が良すぎて私の願いなんて叶わないだろう…

だから…

お袋、ゆっくり休んでくれ…

とりあえず、今はこう書いて〆とさせて戴こう。

2009年06月05日 (金) | 編集 |
おかあさん

(お)かあちゃん

ママ

お袋

おっかぁ



母上(これは、現代ではあまりないかな?)

etc.


皆さんは、母親のことを何と呼んでいるでしょうか?

我が家では、母親の事を…

おかーる

と呼んでいます。

この語源は何なんでしょうかね…(笑)
お母さん→おかぁ
は分かるんですが…
“かーる”
って、これはどういう意味なんでしょうかね?

言っている本人が分からないので、皆さんは尚分からないでしょうけど…

まぁ、単に語呂が良かったのでしょう…

この呼称の語源は不明ですが、この呼称を使うようになったキッカケは、何となく覚えております。

私が、小学一年~二年生の頃、近所に毎日のように遊ぶ同級生がおりました。
その同級生が、急に…

「おとーる、ハ~ゲ!」

って、言い始めたんです。
自分のお父さんの事をそう言って楽しんでいた感じでした。
確かに、その同級生のお父さんの頭は寒々しかったです…(笑)

ウ○コとか、ハゲとか、そういう言葉に過剰反応をする年頃です…
そのうち、自分のお父さんのこととか関係なく、その響きが心地よくなってきたのでしょう、完全に我々のギャグというか、口癖のようになってしまいました。

そうなると、友達といる時だけでなく、家に帰っても使いたくなるのが子供というもの…

「おとーる、ハ~ゲ!」

と、やりますわな。

そして、お父さんが「おとーる」なら、お母さんは「おかーる」だろう、ということで、我が家では、父だけでなく母にも「かーる」を付けた呼称が定着していくのでした。

そう考えると、もう30年以上もそんな呼び方をしてきたんだなぁ…と。

この呼び方、恥ずかしいようで、結婚してからは思わぬメリットもあって…
結婚すると、実の親と義理の親の両方に「お父さん、お母さん」と言わなければなりませんよね?
ゆえに…
○○のお父さん、○○のおかあさん
と呼ばないと、混乱するじゃないですか?

しかし

我が家の場合は
おとーる、おかーる=私の両親の事
お父さん、お母さん=妻の両親の事
と、区別ができるんです!

そして、今度は我々に子供が生まれて…

私のお袋は、考えていたそうです。
「おばあちゃんは嫌だなぁ!」
って。

親戚のおばちゃんは、孫に「ちゃーちゃん」と呼ばれていて、その呼び方が可愛いから、自分も「おばあちゃん」ではない呼び方にしたかったようで…

何気に、そういうところは気が若いというかなんというか…

それで、うちのカミさんと呼び方について話をしていたそうです。

結局、決まったのが…

おばーる

です…

お母さんが“おかーる”なら、おばあちゃんなら“おばーる”でしょう?
まぁ、ヨミ通りですね!(笑)

そんな経緯で、最近おかーるから、おばーるになったばかりの私のお袋でしたが…



先日、5月25日(月)に他界いたしました…



狭心症によるショック状態が、多臓器不全を引き起こし、あっけなく逝ってしまいました…

我々になんの準備もさせないまま…

恐らく、当のお袋本人も、まさかここで死んでしまうとは夢にも思っていなかったと思います。

お袋は、かれこれ4年近く股関節の治療をしていて、直近3年間ずっと入院生活でした。

おいおい、股関節の治療じゃなかったのかよ…
なんだよ、心臓って…
退院の話前提で進んでたんじゃないのかよ…
何が何だか分からねぇよ…
交通事故に遭ったような感覚だよ…
こんな現実を受け入れろってぇのかよ…


こういうことがあった際、一般的に…
生きてこの世に残った者が何をするべきか、否応なくすることになるだろうことは、自分なりに理解しているつもりです。

しかし、正直何もやる気が起きません…
何も考えられません…
子供も生まれ、家族もあるのに、全くそちらへ考えが及びません…
なにもかもどうでもいいような感じで…
自分の気持ちが全くコントロールできません…

そんな我儘が出来るくらい、暇な自分の現状を喜んでいいのか悲しんでいいのか…

こんな状態になったのは初めてなので、余計に混乱しています…

仕事の件も、その週全ての予定をキャンセルさせて戴きました。
関係各位の皆様には、本当にご迷惑をおかけして申し訳なく思います。

「社長(自営)は親が死んでも、死に目に会えないこともあるから、覚悟をしておくように!」

なんてことを周りからも言われたことがあります。

私自身も頭では理解していたつもりでしたが、実際に目の当たりにすると…
どうしても予定を変更せざるを得ませんでした。
私には母の死を押して仕事をすることはできませんでした。

社長失格なのかもしれません…

甘ちゃんなのかもしれません…

それでも、私は仕事より母の死を優先したことをいまでも良かったと思っています。

私は、経営者や自営業に向いていない男なのかもしれませんね…

それでもいいです…(決して、開き直っている訳ではないです)

葬儀が終わってから、ボーッと毎日メソメソ、ジメジメしている自分が嫌になりますが、どうしようもなく寂しく、この突発的に起こった現実を受け止められなくて…

どうせウジウジしているなら…

何か書いてみようと思って…

自分の思いの整理も出来るのでは?と期待して…
以下「続きを読む」にて…

[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。